第二宝来家


新宿思い出横丁昭和22年創業の「第二宝来家」さん。戦後の新宿闇市に初めてもつ焼きを持ち込んだお店という事は、新宿、いや西東京地区のもつ焼きの元祖と言えましょう。思い出横丁には第一、第二と2軒を経営されており、本日は第二宝来家さんにお邪魔しました。カウンターに座り、まずは酎ハイとご自慢の煮込みをお願いしました。こちらのもつ煮込みにはもつ以外には一切余計な食材が入っておらず、様々な部位のもつがタップリと盛られています。刺しや串物を作る際に出る切り落とし等無駄なく全てを煮込みで使いきる、もつ焼き専門店ならではの何とも嬉しい煮込みです。その味も、もつ本来の味を活かしたサッパリ系でお酒の邪魔をせずとても良いアテとなります。大好物のシロとテッポウをタレでお願いしました。宝来家さんのこれを食べるのが念願だったんですよねぇ。私の座った席が焼き場の近くだったこともあり、炭火でじっくりと焼く様子が良く見え食欲をかきたてられます。良い色に焼きあがったテッポウとシロが目の前に運ばれてきました。ん〜いかにも美味しそうな見え面をしていますねぇ〜。まずはシロを、いやぁ〜美味しいですねぇ。タレは私の一番好きな味で甘すぎない、煮込み同様サッパリ系の味です。子供の頃に実家のあった国立駅前の銀行の前に夕方になるとご夫婦でもつ焼きを焼いている屋台が出ていました。母と駅まで買い物に出ると必ずその屋台で、母は軽くビールを呑み、私はシロを食べるというのがお約束でした。その時のシロの味が現在の私の一番の好みの味となっています。 その時代に屋台で女性が立ち呑みするなんて、母もたいした女性ですよね(笑)宝来家さんのシロを食べた瞬間にその事が思い出されました。もちろんテッポウ申し分無く、コストパフォーマンスも抜群の宝来家さん 最高です!!ご馳走さまでした。

第二宝来家

食べログ第二宝来家