宇ち多"


呑ん兵衛の聖地と言われている立石の「宇ち多"」。私は立石という街を全く知りませんでしたが、雑誌"古典酒場"で魅力的な多くの呑み屋さんや昔ながらの街の雰囲気を知り、訪れてみたい街のひとつでした。ようやく念願叶い早い時間に立石にお邪魔する事が出来ました。まずは街を散策です。いやぁ〜昭和好きの私にとっては、想像以上に魅力的な街です!駅前すぐの宇ち多"さん、二毛作さん、ミツワさん等々があるアーケード街は呑み屋以外にも惣菜屋、洋品店等々日常生活に欠かせないお店が軒を連ね、その雰囲気もまんま昭和です。踏切りを渡ればすぐに鳥房さん、そして噂の呑んべ横丁、ここも凄過ぎますねぇ〜。続いて江戸っ子、少し戻って蘭州、とっちゃんぼうや等々短い時間でしたが路地という路地を巡り、おっ〜ここが○○か、等と感動に包まれました(笑)この気持ちは好きな人以外中々理解出来ませんが…(笑)そしていよいよ"宇ち入り"です。時間は午後4時近くになっています。やはり並んでますが30分程で入る事が出来ました。中の雰囲気が何とも良いですねぇ。「宇ち多"」には独特なオーダーの仕方が有りますが、私は全くの初心者、しかも一人での入店という事もあり、ある程度事前に予習済みです(笑)これもまた楽しいものですね。ビールの小瓶を頂き幸運にもタン生、テッポー生、ハツ生が有るとの事、お酢を掛けて頂きます。想像以上の美味しさです。続けて梅割りを、焼酎と梅のビンを抱えて手際良く注いでくれます。レバ生、アブラ生お酢、いやぁ〜たまりません!!自分の中でボルテージが上がるのが判ります(笑)ひと通りナマ物を頂いたところで、箸休めにダイコンお酢、葡萄割りを。とても良い感じです。ほんの一息ついたところで、シロタレを頂きました。実は私はシロタレには並々ならない思い出が有るのです。先日ご紹介した新宿の第二宝来屋さんの記事を読んで下さい。宇ち多"のシロタレには完全ノックアウトされました。私の思い出のシロタレがベースに有りながら、その上を行く旨さです。これは完全に個人的な好みなのでご容赦下さい。思わず3皿食べてしまいました。お店の方も微笑んでいましたが…。この辺で十分気持ち良くなりお店を後にしました。ご馳走さまでした。立石は懐深く凄い街のようです。これを機に今後色々と経験させて頂きます。

宇ち多゛

食べログ宇ち多゛

古典酒場 Vol.9 ホルモン酒場特集 (SAN-EI MOOK)

古典酒場 Vol.9 ホルモン酒場特集 (SAN-EI MOOK)