ブルーシールアイスクリーム


アメリカ生まれ、沖縄育ちの「ブルーシールアイスクリーム」。その歴史は1948年、沖縄の米軍基地に従事するアメリカ人向けに、アメリカ人の日常食である乳製品を供給する為の施設としてフォーモスト社の工場が基地内で創業したのが始まりだそうです。当時ブルーシールは基地の中でしか手に入らない貴重なアイスクリームでしたが、1976年に広く沖縄の方々にも食べて頂けるようになったとのこと。フォーモスト社の社名は、アメリカで酪農製品に与えられるブルーリボン賞を受賞した際の牛の名前フォーモスト号にあやかって名付けられ、受賞商品に付けられる「ブルーシール」をその社名にしたそうです。沖縄に行くとあちらこちらで目にしますよね。今では沖縄から北海道まで様々な所で食べられる様になりましたが、まだまだ東京でも珍しいアイスクリームです。本日は三郷のららぽーとのお店にお邪魔しました。その種類は沖縄ならではのものが揃っています。紅イモ、塩ちんすこう、サトウキビetc。そのいずれもが高温多湿な沖縄の気候にあわせて、さっぱりとした味わいに仕立て、より素材の持つ風味を生かしているだけあり、ジェラートに近い感じがしてとても美味しく頂きました。ご馳走さまでした。あっ〜沖縄に行きたいなぁ〜、やはり現地で食べたいですよねぇ〜。

ブルーシールカフェ ららぽーと新三郷店

食べログブルーシールカフェ ららぽーと新三郷店