亀戸餃子


亀戸駅徒歩3分程、昭和29年創業、餃子専門店の「亀戸餃子」さん。亀戸を中心に錦糸町、両国と幾つか支店が有りますが、本日は亀戸本店にお邪魔しました。営業時間は11時〜18時30分迄と飲食店にしては早い店仕舞い、しかも餃子が売り切れ次第終了と日によっては18時前に終わることも珍しく無いようです。本日は16時頃お邪魔しました。並ぶことを覚悟していましたが、訪ねた時間が良かったのでしょう、待つこと無く入ることが出来ました。店内は入口付近に餃子の焼き場が有り、それを挟んで左右に奥へと延びる10席ずつ程のカウンターと壁際の小あがりに4卓のテーブルという構成になっています。席に着くとすかさず「お飲み物はどうしますか?」と聞かれます。「ビールの大瓶!」あとは黙っていても餃子が2皿(500円)出てくる仕組みになっています。実はこの亀戸本店は、飲み物と餃子しか扱っていなく白いご飯さえ有りません。餃子は最低2皿の注文が決まり事となっており、飲み物は要らなければきちんとお水を出してくれます。2皿と言っても同時に2皿出て来るのでは無く、まずは1皿出してくれ、食べ具合を見計らい2皿目を出してくれる等気遣いがとても良い感じです。また次から次へとお客さんが出入りするため、餃子は常に焼いている状態なので、ほとんど待つ事無く焼き立てを食べる事が出来ます。一皿目が目の前に置かれました。綺麗な焼き色をした小ぶりの餃子が5個入っています。中身は野菜が主、皮も柔らかく優しい味の餃子でスイスイと食べられてしまうのでゆっくり食べないとアッという間に無くなってしまいます(笑)自動的に出て来た2皿めの残り2個になった時「次どうしますか?」と聞かれます。ここで「お願いします。」と答えれば追加で1皿出て来る仕組みです。3皿目からは1皿(250円)ずつのオーダーなのでご安心を。向かいのカウンター席に4人家族(子供2人は小学生)が並んで黙々と餃子を食べているのも何とも不思議というか中々見る事の無い光景ですね。如何せん餃子しか無いので黙々と食べるしか無いのです(笑)私の隣には若い女性が座りお水を飲みながら2皿をやはり黙々と食べ、ものの10分もたたないうちにお店を出て行きました。かと思えばその向こうの男2人組はお酒を呑みながら10皿以上を積み上げまるで居酒屋状態と化しています。いや〜面白いお店ですね。30分程、瓶ビール1本と餃子2皿で1050円、美味しい餃子でした。ご馳走さまでした。

亀戸餃子 本店

食べログ亀戸餃子 本店