みのかん


京急神奈川駅徒歩10分程、市民酒場の「みのかん」さん。市民酒場の意味は色々と調べましたが、残念ながらその歴史には辿り着くことが出来ませんでした。しかしながら恐らく横浜近辺のみにしか存在していないと言うことが判明、それも「みのかん」「諸星」「常盤木」の3店舗のみに残っているそうです。その中の一つ「みのかん」さんにお邪魔する機会に恵まれました。各駅停車しか止まらないとても小じんまりした神奈川駅から歩くこと10分程、「みのかん」さんは忽然と現れました。この昭和の匂いプンプン漂う渋い佇まいに私は完全にノックアウト、暫くの間、店先でボーっと佇んでしまいました。入口の扉のサッシは取り替えられてはいるものの、建物以外に見えるのは看板と暖簾のみ、その二つが無ければただの廃屋ですよ(失礼!)しかも中の様子は全く伺い知れず、これでは一見さんはまず躊躇してしまいますね。しかしながら意を決して引き戸を引いて中に入れば、そこはまるで昭和酒場、パラダイスそのものです。左手にはテーブルが3卓、右手にL字型のカウンターのみとサッパリとした作り、ご主人が「いらっしゃいまし!」と向かえてくれました。先客が数名、良い感じに出来あがっており、私は運良く空いているカウンター席に滑り込むことが出来ました。それにしてもこの店内の雰囲気、堪りませんねぇ〜この匂いだけでお酒が頂けます(笑)カウンターの前にパラパラとメニューの短冊がぶら下がっていますが、えっ〜と驚く値段の数々 "おしんこ120、げそ180、ゆどうふ180、たこさし280 etc "メニュー数は少ないもののどれもが驚きの価格設定、ある時から時間が止まったままのようです。「ハイボールとげそをお願いします。」「あいよ!」厨房がカウンターの奥にあり、フロアはご主人、厨房は奥さんの担当のようですね。「はい、ハイボールお待ちどうさま!」こちらは所謂下町焼酎ハイボールとは異なり正統派ウイスキーハイボール、お値段220円とこれまたビックリ価格です。一緒に出された付きだしがこれまたとても良い感じ、小皿にちくわぶと焼きちくわのおでんがふたつ、これだけでも十分ですよ。そして " げそ "のボリュームにもビックリ、180円だから期待はしていませんでしたが、このボリュームには本当に驚かされました。暫くはこの雰囲気、まわりの会話に浸っての酒場浴を堪能です。本当はもう一杯行きたいところですが、残念ながら時間切れ「お会計をお願いします。」「あいよ!400円です。」(へっ?? あの付き出しは 無料なの!!)それにしても最後まで驚かされますね。今日はとても良いお店に出会えました。次回は腰を据えてゆっくりお邪魔したいと思います。ご馳走さまでした。

みのかん

食べログみのかん