折原商店





門前仲町駅徒歩2〜3分程、角打ちの「折原商店」さん。本日は門仲にも角打ちがとの情報を耳にしお邪魔した次第、風情ある深川不動堂の参道脇にとても小綺麗な店構えの角打ち、それが今日ご紹介の「折原商店」さんです。オープンが今年の2月とのこと、以前から営まれていた酒屋のリニューアルかと思いきや少し調べてみると、運営は大正13年創業の「株式会社折原」さん、池袋で酒類販売卸を主としながら、蕎麦屋や小売店と多角化を進めその一つとして今回の角打ち併設のお店のオープンとなったようです。角打ちと言うと老舗角打ちが多い中、新興角打ちと言ったところでしょうか、角打ちを店舗設計の段階から企画しただけあり、深川不動堂を訪れる老若男女問わず幅広く受け入れられる良い雰囲気作りが上手いですね。しかも入り口には昔懐かしい駄菓子やベーゴマなどのおもちゃの数々を取り揃え、大人には懐かしく子供達には新鮮、親子連れも逃しません(笑)と言いますか日本酒、和、情緒、人情、古き良き日本の文化、と言ったコンセプトをお酒だけでなく様々な物で表現した結果なのでしょう。お酒の試飲会だけでなく、ベーゴマ実演会なども頻繁に行っているようです。店内右壁面はズラッとお酒の豊富なバリエーション、見ているだけでも楽しいですね。真ん中に呑み台が二つ、奥にオーダカウンター、アテも色々と取り揃えており、店頭ではおでんに焼き鳥を焼くスタッフの威勢の良い声と良い雰囲気作りは申し分ありません。冷蔵庫には嬉しいことに赤星が、久し振りの赤星に感動、やはり美味しいですね。アテはホタテのひもの燻製、400円プラス150円で〆て550円はやはり嬉しい角打ち価格、有難い次第です。昭和好きの私は、新興角打ちということで最初はどうなの?と敬遠がちでしたが、ビールを頂きながら諸々拝見すればこのようなお店な普通入れない方々でも気軽に愉しめ、角打ちを知ってもらえる良いお店だなと感じました。これからも宜しくお願い致します。ご馳走さまでした。

折原商店

食べログ折原商店