金龍山浅草餅本舗








地下鉄浅草駅徒歩6〜7分程、仲見世の名店「金龍山浅草餅本舗」さん。「神谷バー」で電気ブランを愉しみとても良い気持ちでの浅草散歩、たまには人の波溢れる仲見世も良いものだとプラプラと散策開始と相成りました。仲見世は日本で最も古い商店街、家康が江戸幕府を開いてから、江戸の人口増とともに浅草寺への参拝客も増え、浅草寺境内の掃除を課せられていた人々に境内や参道上に出店営業の特権が与えられたのが仲見世の始まりだそうです。現在は東側に54店、西側に35店、合計89店舗、老舗からお土産的要素の強いお店まであらゆるジャンルのお店が軒を連ねる浅草のメインストリート、あまりの人の多さにいつもは敬遠しがちですが、たまには良いものですね。「金龍山浅草餅本舗」さんは以前にもご紹介させて頂きましたが、仲見世に数有るお店の中でも老舗中の老舗、そしてこちらの名物は私が愛して止まない「揚げまんじゅう」、仲見世の他のお店や門前仲町の「宮月堂」さん初め色々と頂きましたが「金龍山の「揚げまんじゅう」は東京NO1間違い有りません。家族への罪滅ぼしにお土産でもと6個入り(790円) を購入、観光客相手にあえてバラ売りをしないところもポリシーを感じ好感が持てます。包んで頂いた揚げまんじゅうはまだ温かさの残る揚げたてときたら頂かない訳にはいきません。人混みを掻き分け落ち着く場所で「パクリ!」と頂けば何とも堪らない美味しさ、軽い食感に絶妙な甘さの餡に思わずニンマリすれば周りの方々は怪訝な顔(笑)でもでも久し振りの金龍山さんの揚げまんじゅうに大満足!残りの5個は本当にお土産です。ご馳走さまでした。

金龍山浅草餅本舗

食べログ金龍山浅草餅本舗