とん銀











地下鉄銀座駅徒歩5分程、とんかつ屋の「とん銀」さん。仕事で銀座にお邪魔していた時刻は17時過ぎ、昼食抜きだった故、小腹が空いてきたちょうどその時、何やら昭和の匂いプンプンのとても魅力的な看板が目に止まりました。「とんかつ  とん銀」との看板、その色合いと言いフォントと言い、何とも良い感じです!拝見したところお店はビルの2階、ビルとビルの合間の細〜い路地を入らないとお店には辿り着けないよう、こんな狭い路地を入らないといけないお店とはどんなものかと興味津々、気が付けば自然と足が向いていました(笑)薄暗い路地を少し入るとまたしても「とんかつ とん銀」との看板、「えっ?この階段を上がるの?」と半身半疑で上がって行けば、階段上に暖簾が掛けられた、木製の引戸が見えました。引戸を引いて店内に入れば、店内ははとてもアッサリ、サッパリとした店構え、4人掛けのテーブル5卓に2卓の小上がりと小じんまりして落ち着く良い雰囲気ですね。「ロースカツ定食 (1150円) 」をお願いしました。厨房、フロア共に年季の入った男性がお二人で切盛り、トントントントンとキャベツを刻む良い音 が聞こえてきます。程なくして定食の登場、ご飯は軽めにお願いしたので茶碗に軽く一杯、肝心のロースカツは衣は薄め、油切りもきちんとされておりさっくりととても軽い食感が良い感じ、これは美味しいカツですね。手切りのキャベツもタップリと盛られ、ほんのりと甘みが感じられ申し分ない美味しさです。ご常連さんが来店、お店の方との会話がこれまた良い感じです。「お久し振りですね!」「すっかりご無沙汰してしまって・・相変わらず旨くてお店も全然変わってい無くてホッとしますよ!」「店は全然変わりませんが、私達はすっかり歳をとってしまいましたよ(笑)」ビルの周りは建替えが進んで昭和風情が無くなりつつ有りますが、このようなお店は是非とも末長く続いて頂きたいものです。本日も良いお店に出会えました。ご馳走さまでした。

とん銀

食べログとん銀