古城




上野駅徒歩5分程、1963年(昭和38年) 創業の喫茶店「古城」。上野近辺で昭和風情漂う喫茶店を検索すれば「王城」「古城」と城の付くお店が次々とヒット、どうしたものかと迷いましたが今回は私と同級生の「古城」さんにお邪魔することにしました。店舗はとあるビルの地下1階、「高級喫茶  古城」との大きな看板に期待が膨らみます。高級喫茶というフレーズ自体が完全に昭和ですね(笑)階段を降りる入口にはキチンとマットが敷かれ床の石には「KOJYO」とオリジナルのマークが埋め込まれています。オープンしている時は開け放たれている扉の取手も真鍮と思われるゴールド色の人魚?とは凄いですね。しかしながらまだまだ序の口、階段を降りる途中にとても綺麗なステンドグラス、壁には真鍮のライオン様が地下の入口へと案内してくれています。階段を降りればそのまま店内に続くという作り、その店内に足を入れた瞬間に目が点になる程の衝撃を受けました。何なんですかこの喫茶店は!奥に深いつくりは全部で70席程の大箱店、天井には豪華なシャンデリア、壁は本物の石を使った石壁、突き当たりには豪華なステンドグラス、グリーンとレッドのベルベット地の如何にも座り心地の良さそうな椅子にはレースが掛けられまるでホテルのラウンジシート、床の石細工もかなりの凝りようです。モーニングの珈琲とトーストのセット(470円) をお願いしました。案の定、見た目以上に座り心地の良い椅子は何時間でも寛げそうな快適さです。幸にも先客は1名、ゆっくりと店内を歩き回り拝見させて頂くとそのどれもがかなりのレベルの高さ、一言で表現すれば「本物」ですね。トップレベルの素材を使って手の混んだ職人技、これが昭和38年に作られたとすれば本当に驚きます。下世話な話ですが今、作ったとしたら一体幾らかかるのか想像がつきません。今回は「古城」にして大正解、次回機会が有れば「王城」にお邪魔したいと思います。ご馳走さまでした。

古城

食べログ古城