味の店 居酒屋 鶴亀





JR神田駅徒歩1分、中華酒場の「鶴亀」さん。本日は気の合う呑み仲間との神田詣で、スタートは昭和の匂いプンプンの角打ち「藤田酒店」さん、続いて「中屋酒店」さんをハシゴしました。どちらの角打ちもとても東京のど真中とは思えない昭和風情タップリの 素晴らしい角打ちです。〆呑みにと伺ったのが駅近い、狭い路地裏に佇む餃子が評判の「鶴亀」さんです。看板には大衆酒場と有りますが、店内の作りは完全にラーメン屋さん、アテメニューが中華中心とのことは居抜き、或いは商売替えかもしれません。〆呑みはサッパリと酎ハイをオーダー、中ジョッキで250円とは神田激戦区ならではの有難い価格です。「ハーイ、お待ちどうさま!」と目の前に置かれた酎ハイには何とメロンが刺さっています(笑)「メロンハイじゃ無くて、酎ハイだよ〜 」とは返しませんでしたが(笑)これは初めてのケース、ちょっとした工夫ですが、お客を驚かせ、楽しませる中々のアイデアですね。もちろん最初にウキウキしながらメロンを頂いたのは言うまでも有りません。アテは評判の餃子( 600円 ) とニラもやし炒め( 300円 ) をお願いしました。綺麗な焼き色をした大降りの餃子が6ヶ、如何にも美味しそうな見えヅラです。一口頂くと、今迄頂いた餃子とは明らかに異なる味が口の中に広がります。味はもちろん餃子ですが、何か一味違います。「あっ!具にインゲンが入ってますよ!」と呑み仲間の一言、「おっ〜、本当だ。」恐らくそれだけでは無く、他にも工夫がなされているのでしょう、中々の美味しさでした。が、ちょっと600円はお高いかなと・・(笑)餃子の皿に「中央亭」との表記、どうやら商売替えをした感じですね。ニラもやしはシャキシャキ感が残り〆には最適なサッパリとしたひと品、300円というお値段も有難い限りです。駅近、リーズナブルでちょっとお茶目で美味しいアテが受けているのでしょう、入れ替わり立ち替わり、店内とても活気に満ちて良い雰囲気、大満足の〆となりました。ご馳走さまでした。

鶴亀

食べログ鶴亀