もつ政




地下鉄田原町駅徒歩5,6分、もつ焼き酒場「もつ政」さん。浅草も南北に走る国際通りの西側、合羽橋と国際通りに挟まれた一角は比較的観光客も少なく静かなゾーン、中には観光案内に掲載されるような有名店もポツポツと見られますが、その殆どが地元客相手のこじんまりとしたお店、それ故に中の様子も分かり難く、一見では入り難いという難点も。「もつ政」さんもそんな中の一軒、その昭和風情漂う店構えが以前からとても気になっており、浅草をブラブラした折り、もつ焼き恋しや口の中(笑)勢いづいてのお邪魔となりました。「もつ政」と墨で筆書きしたような真白な暖簾がとても清くて印象的、まるでお店の仕事に対する姿勢を表しているかのよう、ガラガラと戸を引いて店内へお邪魔しました。「いらっしゃい!」とご主人の優しい声、この一言で何だかホッとします。左手に奥へと延びる長い厨房を囲む12,3席のL字型カウンターのみ、先客は3組6名程、カウンター中央に座らせて頂きました。お見掛けしたところご主人は想像以上にお若い方、恐らく若くして継がれたのでしょう。店内も外観同様、落着きながらもごちゃっと感も感じられ、昭和風情漂う良い雰囲気、先ずはホッピー(失念!)と煮込み(400円)をお願いしメニューと睨めっこです。煮込みは小ぶりの土鍋に入って牛蒡、蒟蒻と良く煮込まれた美味しい煮込み、個人的にはもう少し盛りが欲しいところです。ここは「もつ政」だけにやはりもつ焼き、レバーとシロ(各2本で320円)をタレで2本ずつお願いしました。比較的小ぶりのもつ焼きは申し分無い美味しさで水準以上のレベル、続けてサッパリとナンコツの塩(2本で320円)を、これが白ホッピーにベストマッチでお酒がグングン進みます(笑)堪能している最中に電話が入り、申し訳有りませんがお会計となった次第、見ればあの吉田類さんも訪れているよう、地元に根付いた地元の方中心の落着く良いお店でした。ご馳走さまでした。

もつ政

食べログもつ政