鳥勝




京浜急行立会川駅徒歩2,3分、昭和の匂いプンプン!ホルモン酒場「鳥勝」さん。「お山の大将」を軽く愉しんだ後に伺ったのが立会川詣での一番の目的、ホルモンが有名な「鳥勝」さんです。実は1軒目に伺ったも満員で入れず本日2度目のチャレンジ、その外観を改めて拝見すれば昭和風情漂う何とも良い雰囲気、煤けたオレンジ色のハザードに「やきとり」と抜かれた藍色の暖簾とポツンと灯った提灯がベストマッチ、その素晴らしさに思わずため息が出てしまいます(笑)スモークがかった、では無く燻されたドアから中を覗けば何とか入れそうな雰囲気、アルミの戸をガラガラと開けて突入しました。右手前の焼き台から奥へと厨房を構え、カウンター9席にテーブルが大小合わせて5卓程の中箱店、営まれているのはご夫婦お二人だけのよう、とても忙しそうに動かれています。店内は昭和の匂いがプンプン漂う良い雰囲気、幸運にも奥のテーブルが空いおりお邪魔する事が出来ました。酎ハイ(280円) を頂き乾杯!氷が入っているとは言え、タップリと入った焼酎は私には危険過ぎます(笑)暫くメニューと睨めっこ、串物を拝見すると暖簾には「やきとり」と書かれていますが、完全に「やきとん」のみで1本80円と嬉しい感じ、人気ゆえか既に半分以上が売切れです。残っているメニューからシロタレとカシラ塩、それとタンステーキ(280円)に煮込み豆腐(600円)をお願いしました。あちらこちらからの注文でご夫婦お二人ともてんやわんや、ご常連は呑み物のお代わりを厨房まで出向いてご自分で作られています。こんな光景も何かとても仄々して良い感じです。と思いきやマイレビュアーさんも厨房までトコトコ歩いてご自分でアイスボックスから氷を取出し、焼酎を入れ戻って来ました。中々、順応性が有りますね(笑)シロタレは臭みも無く水準以上の美味しさ、カシラ塩はご主人の手が滑ったのかしょっぱさの限界値、これもご愛嬌で済ませられる雰囲気も大したものです。タンステーキは塩味系で値段を考えれば十分ボリューミーで申し分無い内容、そして特筆すべきは「煮込み豆腐」、600円はお店のアテの中でもトップクラスの高さ、どんなものかと多少の期待は有りましたが、その期待を大きく上回る素晴らしさ、結構な大きさの鍋の中は盛り盛りのモツと白菜、こんにゃく、春菊、たまねぎ、豆腐といった沢山の具がグツグツと煮えておりボリューム満点、しかもその味が素晴らしいの一言、二人して「旨い、旨い」の連発! これはまさに絶品です。閉店が21時半とのこと時間が迫り残念ですがここで終了、まだまだ頂きたいメニューが目白押し、是非再訪したいお店となりました。ご馳走さまでした。

鳥勝

食べログ鳥勝