さくま




地下鉄浅草駅徒歩10分程、言問通り沿い、創業1947年(昭和22年)の人気老舗酒場「さくま」さん。「つま亀」さんを堪能した後に向かったのが多くの車が行き交う言問通り沿いに建つ地元の方にも人気の高い老舗酒場「さくま」さん、実は2,3回程満員で振られ続きです。六区通りをブラブラ歩いて向う途中、建替中のビルの多さに改めてビックリ、暫く閉鎖されていた大勝館は何とドンキホーテになるよう、映画館も取壊しが決定したとお聞きしました。これも時代の流れと言ってしまえばそれ迄ですが、何とも言えない物悲しさを感じるのは私だけでしょうか?あと1年もすれば六区通りの風景も一変してしまうかも知れません・・「さくま」さんへ到着し先ずはお約束の外観を写真撮影、呑んだ後ではブレブレ間違い有りませんから(笑)その外観は落着きの有るしっとりとした大人の酒場といった風情、とても立派で迫力有る白地の暖簾が全体をキリッと締めています。狭い歩道脇に建つお店を撮るのは中々難しいもの、車道に出たりとあれやこれやしていると、店内から此方の様子を窺う鋭い視線を感じました。「あらっ、ヤバ !」と思いながら戸を引いて入れば幸運にも何と先客お一人、「こちら良いでしょうか?」「ええ、どうぞ!」とカウンター手前に、「てっきり駐禁の取締りかと思ったわよ〜(笑)」「いやいや、違いますよ〜(笑)」と掴みはOKです。右手に奥へ向かって縦長の厨房、囲むように14,5席程のL字型カウンター席にテーブル1卓の中箱店、奥には個室もあるよう、とても落着いて良い雰囲気です。お店を営まれているのはお母さんと娘さんにお嫁さんの女性3名、キリッとしたお母さん、大人しそうな娘さん、乗りの良いお嫁さんと持ち味豊かでこれも人気の理由のひとつでしょう。先ずは酎ハイを頂いて乾杯!ステーキを薦められますがそこまではさすがにと返せば、「煮物の盛合せは?」と。カウンターには大皿に盛られた料理の数々、それを適当に盛合せてくれるそう、最近その手のアテが好きな中年男2人には願ってもない提案に牛筋の煮込みも一緒にお願いしました。目の前の大鍋で煮込まれている牛筋煮込みは見た目同様濃い目の味付け、お皿に盛られたカボチャやキンピラ、ゼンマイ等々の煮物も甘辛くてお酒がグングン進む君、これはご飯が欲しくなるという事で中年2人の意見も一致です。お嫁さんの乗りの良さに、お母さんのキリッと加減、そして何よりもご常連さん達の人の良さが会話を弾ませてくれとても愉しいお酒となりました。気が付けば仕舞われた暖簾をバックに記念撮影、実は殆ど記憶に御座いません(笑)また是非伺わさせて頂きます。ご馳走さまでした。

さくま

食べログさくま