築地吉野家蒲田西口店




JR蒲田駅徒歩2分程、牛丼専売店「築地吉野家」さん。マイレビューアーさんの愉しいブログ「笑い豚」で情報を入手、「吉野家」さんの新店舗「築地吉野家」さんと言う店舗が出来ているとのこと、吉野家さんのホームページで確認するも、どこにもその情報は見当たらずオフィシャル には発表していない実験店舗のよう、所在の確認出来た「蒲田西口店」に早速お邪魔して参りました。蒲田駅周辺の「西口店、東口店、駅前店」の3店舗は全てが「築地吉野家」に改装されたそう、他にもマイレビューアーさんの訪れた「阿佐ヶ谷店」や「浦和仲町店、武蔵小杉店」などが確認出来ましたが、蒲田に3店舗も集中的に出店している状況を考えると此処でのデータ収集にかなり力を注いでいるのではないでしょうか。以前にもオペレーションの実験店を大森に出店したことが有りましたが、どうもこの地域は検証に適していると判断されているようです。看板は「吉野家」と同様のオレンジに黒抜きながらも表示は「築地吉野家」と明らかに異なる表記、「牛丼専売店」と書かれており、牛丼に特化した原点回帰のお店のよう、そして驚くことに並の通常価格が「290円」というのが大きなポイント、完全に同業他社を意識した開発であることが分かります。店内にお邪魔すれば、奥に厨房を構え、コの字型カウンターを配置した造り、若干オープンキッチン的なところが異なるような気がしますがほぼ吉野家の標準的な造り方となっています。大森で試した以前の「松屋」さんのような厨房前にカウンターを構えた造りにはしていません。個人的にはあの造りは洗い場が見えるなど清潔感に乏しく深夜の人員体制など、人件費抑制には効果が有るようですが総合的に考えれば如何なものかと思っています。メニューを拝見すると並290円、大盛り450円、特盛り550円と並の価格設定が特に通常の吉野家と大きく異なり「打倒ゼンショーグループ」の意気込みを感じます。嬉しいことには「生野菜サラダ(100円)」の復活、「並と生野菜サラダのセット(290円+110円) 」をお願いしました。運ばれて来た牛丼、生野菜、味噌汁は吉野家そのもの、唯一の相違点はドンブリの色合い、 こちらは赤とグリーンを基調に構成されており、もしかしたら大きさが違うのかとも思いましたが全く気になら無かった事を考えれば大した問題では有りません。プチッと割って掛けるドレッシングも懐かしい、味はまさしく美味しい吉野家の味、個人的には大手では吉野家がNO1と思っている私には大歓迎のお店です。今後、検証、修正を繰り返して何らかの結論を出すとは思いますが、良い形で発展して頂きたいと切に願います。ご馳走さまでした。