読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信濃路 

f:id:rikueri:20130706164804j:plain

f:id:rikueri:20130706164918j:plain

f:id:rikueri:20130706164801j:plain

 

f:id:rikueri:20130706164914j:plain

f:id:rikueri:20130706164916j:plain

f:id:rikueri:20130706165223j:plain

f:id:rikueri:20130706165023j:plain

f:id:rikueri:20130706165025j:plain

f:id:rikueri:20130706165026j:plain

f:id:rikueri:20130706165027j:plain

f:id:rikueri:20130706165112j:plain

f:id:rikueri:20130706165113j:plain

f:id:rikueri:20130706165114j:plain

f:id:rikueri:20130706165111j:plain

f:id:rikueri:20130706164950j:plain

 

f:id:rikueri:20130706164948j:plain

f:id:rikueri:20130706165110j:plain

f:id:rikueri:20130706165226j:plain

f:id:rikueri:20130706165225j:plain

f:id:rikueri:20130706165224j:plain

f:id:rikueri:20130706164949j:plain

京急本線平和島駅徒歩すぐ、呑み食べOKのお食事処「信濃路」さん。「あきば」さんで鰻を満喫、家に帰ろうと駅に向かう途中マイレビュアーさんからお勧めされていた「信濃路」さんをふと思い出し、検索すれば何と駅前のよう、かなりお腹はパンパンですがこれは寄らない訳には行きません(笑)駅から正面を見ればお店はまさに私の目の前、向かって左側は「味自慢 お食事処 」右側は「旨い・安い・早い  そば・うどん」との看板、どちらも信濃路さんですが右側は完全に立喰いそば店のよう、当然向かうは左手の食事処です。それにそても正面から拝見した時のハチャメチャな雰囲気と言ったらなんとも表現し難いですが、どうしたらこんな風に出来るのだろうと思わず吹き出してしまう程、看板の色が食事処はオレンジにそば店は鮮やかなブルー、ブルーの看板の下にはオレンジとアイボリーのストライプのファサード、その奥に見える藍色の暖簾、「なんでこうなるの??」(笑)縄暖簾を潜って店内へとお邪魔すればそこは呑ん兵衛パラダイス、殆どの方々がワイワイガヤガヤとお酒を愉しまれています。厨房前には一人呑みに優しいカウンター席、5,6卓程あるテーブル席は満席大盛況、カウンター席に着く事が出来ました。お母さんがサッと来ての一言目「呑み物は?」ん〜 私は完全に呑む客と思われているよう、「日本酒(250円)を!」お母さん当たりです(笑)お酒はすぐに到着、 この素早さはとても大切、これも平和島の呑ん兵衛に鍛えられた賜物でしょう(笑)それと同時に持って来た伝票をセロテープでペタっと目の前に貼ったのには思わず笑ってしまいました。チビチビと頂きながらアテを物色、それにしても「信濃路」さんはバリエーションと言いお値段と言い呑ん兵衛には本当に魅力的なラインナップ、近所に有ったらとつくづく思います。お腹はパンパンゆえにどれか1品をと基本に立ち返り「ハムエッグ(330円)」をお願いしました。カウンターの目の前が厨房、私のオーダーが入ると同時にハムエッグに取り掛かります。フライパンを温めてハム投入かと思いきや先に玉子を投入のよう、パーン、パーンとしっかり2個を割る音が聞こえました。「良い良し(笑)」とニンマリ顏の私です。「お待ちどうさま!」と共されたそれはハムが焦げないハムon玉子のハムエッグ、目玉焼きも絶妙な焼き加減です。全体的になにか盛り上がっているなぁと思えばハムエッグの下にはたっぷりと生野菜が敷かれています。その野菜もキャベツ、レタスにキュウリとしっかりとした物、このボリュームで330円はGoodJob!の一言です。いつもは醤油派の私ですが野菜繋がりでこの日はソース、たまにはソースも美味しいですね!お隣のお父さんがオーダーされた玉子焼き(330円)は卵3個にネギがたっぷりで凄いボリューム、ん〜 あちらもとても魅力的、次回はお腹を空かしてお邪魔したいと思います。ご馳走さまでした。

 「信濃路」食べログ