読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥竹

f:id:rikueri:20130804191543j:plain

f:id:rikueri:20130804191542j:plain

f:id:rikueri:20130804191619j:plain

f:id:rikueri:20130804191620j:plain

f:id:rikueri:20130804191538j:plain

f:id:rikueri:20130804191540j:plain

f:id:rikueri:20130804191701j:plain

f:id:rikueri:20130804191700j:plain

f:id:rikueri:20130804191616j:plain

f:id:rikueri:20130804191618j:plain

f:id:rikueri:20130804191617j:plain

f:id:rikueri:20130804191658j:plain

f:id:rikueri:20130804191740j:plain

 

f:id:rikueri:20130804191739j:plain

f:id:rikueri:20130804191835j:plain

f:id:rikueri:20130804191834j:plain

f:id:rikueri:20130804191833j:plain

 渋谷駅徒歩1,2分、創業1963年(昭和38年)、鳥と鰻の老舗「鳥竹」さん。50も近くなると渋谷の街には中々足が向かない今日この頃、乗り換えついでに駅近の何処かで食事をとふと頭に浮かんだのが「鳥竹」さん、こちらは前々から伺いたいと思っていたお店の一つ、夜より先にお昼に伺うこととなりました(笑)創業は昭和38年、私と同級生の今年で50才!渋谷の街を知り尽くしたお店の一つです。さすがに建物は建替えられてビルとなっていますが、焼き場から火事かと思うぐらいにもうもうと煙の上がるその姿は、「こちとら鳥を焼いてるんだ!そんなの気にしねぇ」と昭和の頑固親父と昔ながらの焼き鳥屋と言った印象、角地で前は渋谷駅という絶妙な場所で無ければ、今の時代クレームの嵐でしょう(笑)木製の自動ドアを開けて暖簾を潜れば昭和風情漂う良い雰囲気、おじさんホッと落着きます。1階は厨房とカウンター席中心、煙対策か厨房とカウンター席はしっかりと壁で仕切られています。ピークを過ぎていたからかカウンターには先客が2名のみ、麦茶を出してくれたお母さんに待望の「やきとり丼(800円)」をお願いしました。「おーい焦がすんじゃねぇぞ!」「はい!」と厨房から漏れ聞こえる声、新人君に焼かせているのでしょうか、こうやって代々受け継がれて来たと思うと「ん〜 良い感じだなぁ」と感慨深くなります。「やきとり丼、お待ちどうさま!」と運ばれて来たそれは、お盆の上にサラダ、味噌汁、お新香にどんぶりのやきとり丼、蓋付きのどんぶりというのが老舗然として堪りません。ドキドキしながら蓋を開ければ思わず心の中で「おおっ〜」と叫んでしまう程の素晴らしいビジュアル、真ん中に鈍い光を放つレバー串、それを両側から挟み込む正肉のねぎま串、「鳥竹」さんの売りは大振りの焼き鳥とは知っていましたが、目の当たりにするとそのボリュームに驚きます。ランチタイム以外は1本300円以上のこの串が3本入ってセットで800円はお得感高いランチです。先ずは正肉、ジューシーさには若干欠けますが、タレが良い具合に絡んでご飯が進む君、ご飯には海苔も敷かれる有難さ、ししとうとネギが良いアクセントとなります。そして大好きなレバーに進めば、これが嬉しいことにねっとりとした旨味の有る美味しいレバー、これは本来ビールが進む君ですね(笑)ご飯の量もたっぷりで大満足のやきとり丼となりました。ご馳走さまでした。

鳥竹」食べログ