読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸大ホール

川崎

f:id:rikueri:20130916114512j:plain

f:id:rikueri:20130916114502j:plain

f:id:rikueri:20130916114452j:plain

f:id:rikueri:20130916114442j:plain

f:id:rikueri:20130916114230j:plain

f:id:rikueri:20130916114223j:plain

f:id:rikueri:20130916114214j:plain

f:id:rikueri:20130916114326j:plain

f:id:rikueri:20130916114342j:plain

f:id:rikueri:20130916114352j:plain

f:id:rikueri:20130916114121j:plain

f:id:rikueri:20130916114522j:plain

f:id:rikueri:20130916114126j:plain

f:id:rikueri:20130916114113j:plain

f:id:rikueri:20130916114109j:plain

JR川崎駅徒歩5分程、大衆食堂と大衆酒場の両方を名乗る川崎の名店「丸大ホール本店」。仕事で鶴見へと直行途中、喫茶店でモーニングでもと検索すれど中々昭和電波が反応しない悲しい車中、どうしたものかとあれこれ思案の末に思い浮かんだのが川崎の名店「丸大ホール本店」さん、こちらは前々から伺いたいと思っていたお店のひとつ、出来れば最初は呑みで伺いたいところでしたが、折角の機会ゆえ朝飯詣でと相成りました。建物はタイル張りの小綺麗なビルではありますが、「大衆酒場、大衆食堂」と白で抜かれ竹に掛けられた間口いっぱいの長い藍色の暖簾、その上に書かれたメニューの数々、等々これは何とも良い雰囲気です。口開けの8時半過ぎにお邪魔すれば先客4名のグループが乾杯の真っ最中、呑めない私は若干落ち込みます(笑)真四角な店内に整然と並べられた木製のテーブル、厨房の上や壁にゾラっと下がるメニューの短冊、この雰囲気は素晴らしいの一言、それに比べて私の心は反比例、落ち込む一方です(笑)「いらっしゃい!」と麦茶にサービスのひじき煮の小鉢、麦茶の色がビールに見えます (爆) 「ハムエッグ(450円)、冷奴(350円)、ご飯セット小(170円、味噌汁付き)」をオーダー、卓上に並んだそれは豪勢な朝食そのもの、ハムエッグは2玉、2枚にキャベツの千切りとポテサラが添えられてトロッ〜と流れ出す黄身の焼き加減も絶妙の逸品、冷奴は若干高いと思いきや豆腐一丁のボリューミーな一品、これは完全に呑み仕様の冷奴です(笑)ご飯はどう見ても普通盛り、小ライスの量では有りません。そして嬉しいのは味噌汁の素晴らしさ、ダシの効いたネギだくのそれはホッと落ち着く美味しさです。最後は目玉をオンザライス!ガツっとかき込んでお腹はパンパン、大満足の朝食詣でとなりました。後から入って来た方々は皆さん呑みと羨ましい限り、やはりいつかはリベンジの朝酒と行きたいところ、また愉しみが増えました。ご馳走さまでした。 

丸大ホール」食べログ