読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立ち飲み とっちゃん

cf:id:rikueri:20130923113236j:plain

f:id:rikueri:20130923113229j:plain

f:id:rikueri:20130923113221j:plain

f:id:rikueri:20130923114614j:plain

f:id:rikueri:20130923113347j:plain

f:id:rikueri:20130923113340j:plain

f:id:rikueri:20130923114633j:plain

f:id:rikueri:20130923114624j:plain

f:id:rikueri:20130923115055j:plain

f:id:rikueri:20130923115103j:plain

f:id:rikueri:20130923113214j:plain

f:id:rikueri:20130923113206j:plain

f:id:rikueri:20130923113325j:plain

f:id:rikueri:20130923113332j:plain

f:id:rikueri:20130923114604j:plain

f:id:rikueri:20130923114555j:plain

f:id:rikueri:20130923114744j:plain

f:id:rikueri:20130923114917j:plain

f:id:rikueri:20130923114937j:plain

f:id:rikueri:20130923114942j:plain

f:id:rikueri:20130923114927j:plain

f:id:rikueri:20130923114735j:plain

JR鶴見駅徒歩2分程、ホッピーのバリエーションが嬉しい立呑み酒場「立ち飲みとっちゃん」。鶴見で30分程時間を潰せる立呑み酒場をと検索すればマイレビュアーさんが高評価の酒場がヒット!駅からものの2分とあれば即訪問決定です。置き看板の工事現場の主任然としたヘルメットを被ったオリジナルのキャラクターマークが中々の完成度の高さ、私のような一見客に印象付けるには良い手法かも知れません。店内は奥へと延びるL字型カウンターとテーブル5,6卓の中箱店、カウンターは結構な賑わいゆえテーブルにお邪魔しました。そのテーブルは工事現場の足場を組むパイプを利用して作ったテーブル、そう言えば表の看板も黄色の地 に文字は赤と黒と工事現場を彷彿とさせるイメージ、立呑み酒場にしては珍しく店作りのコンセプトがしっかりしています。ビールでもとメニューを拝見してホッピーのバリエーションにびっくり!通常のホッピーセットに加えて、フローズンホッピーと三冷ホッピーもラインナップ、その全てが395円というのも有難い限りです。フローズンの恐さは経験済みなので(笑)「三冷ホッピー(395円)」の白をオーダー、ピキピキに冷えたジョッキに冷たい焼酎とホッピー、乾杯してグイッと呑めば「旨い!」の一言、やはり氷入りのホッピーとは比べ物になりません。アテは「マカロニサラダ(200円)、長芋のわさび和え(280円)、自家製メンチカツ(280円)、てっぽう、大山鶏とりかわ(1本80円)、あじフライ(280円)」をオーダー、殆どのアテが300円以下というのもひとり呑みには有難い設定です。マカロニサラダは黒胡椒がピリッと効いてスパイシーなマカサラ、ホッピーとの相性も抜群です。長芋のわさび和えはピリッとシャキシャキで良い感じ、自家製メンチカツはもうちょっとジューシーさが欲しいところです。串物はポーション小さ目ですが、1本80円を考えれば味共に十分納得価格、逆に色々と愉しめて良いかもしれません。あじフライはカラッと揚がった美味しいあじフライ、ご飯が欲しくなりますね(笑)今回は短いお邪魔でしたが、機会が有れば再訪して色々と愉しみたいところ、さすが百戦錬磨のマイレビュアーさん高評価のお店でした。ご馳走さまでした。

 「立ち飲み とっちゃん」 食べログ