読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉光船橋北口店

f:id:rikueri:20131013182733j:plain

f:id:rikueri:20131013182725j:plain

f:id:rikueri:20131013182710j:plain

f:id:rikueri:20131013182708j:plain

f:id:rikueri:20131013182718j:plain

f:id:rikueri:20131013182552j:plain

f:id:rikueri:20131013182601j:plain

f:id:rikueri:20131013182433j:plain

f:id:rikueri:20131013182424j:plain

f:id:rikueri:20131013182542j:plain

f:id:rikueri:20131013182621j:plain

f:id:rikueri:20131013182611j:plain

f:id:rikueri:20131013182326j:plain

f:id:rikueri:20131013182318j:plain

f:id:rikueri:20131013182332j:plain

f:id:rikueri:20131013182322j:plain

f:id:rikueri:20131013182759j:plain

f:id:rikueri:20131013182313j:plain

f:id:rikueri:20131013182447j:plain

f:id:rikueri:20131013182451j:plain

f:id:rikueri:20131013182443j:plain

JR船橋駅徒歩5分程、これぞ庶民の為の江戸前立喰い寿司「吉光 船橋北口店」。恒例のひとり愉しや休日散歩(笑)小腹を満たしにお邪魔したのは船橋駅から少し歩いた街道沿いにポツンと佇む立喰い寿司の「吉光」。それにしても何故に此処にお店を構えているのかがとても不思議でびっくり、大型の回転寿司店ならともかく、6,7人も入ればいっぱいの小さな立喰いとあっては首を傾げるしか有りません(笑)戸を引いてお邪魔すれば、先客が5名と何とか滑り込むことが出来ました。店内はもちろん立喰い形式のカウンターのみ、そのカウンターに沿って数個の蛇口がズラッと並んでいます。回転寿司に慣れた家の子ならお茶の蛇口と思うでしょうが(笑)これは手を洗う為の蛇口、立喰いならではの造りに心の中で思わず「おっ〜」と叫んでしまいました。軽く色々と頂きたいので「生ビール(500円)と上にぎり(800円)」をオーダー、数分とはいえ暑い中を歩いて来た故にピキッと冷えた生ビールがなんとも旨い!店名入りのジョッキも雰囲気を盛り上げます。「へい!お待ちぃ〜」と目の前に置かれた「上にぎり」は見るからに美味しそうな握り7カンと手巻きが1本、もちろん手掴みで頂きます。エビは甘みもあってさっぱりと良いスタート、イクラはプチプチ、トロ〜が堪りません。赤身は旨味たっぷりで思わず顔がニンマリ〜、ヅケは良い仕事しています。中休みの玉子は甘過ぎずお口さっぱり、ガリで口を清めて中とろで目がトロ〜ン、白身でシャキッと戻って、ラストの手巻きへと移ります。この手巻きがこれまた秀逸、マグロの切り落としが3本ガバッと入ってなんともボリューミーで旨味抜群!この内容で800円はさすが庶民の立喰い寿司、江戸の文化を体験出来ると言っても過言では有りません。次回は子供でも連れて伺いたいと思います。ご馳走さまでした。 

吉光船橋北口店」食べログ