読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晩杯屋

f:id:rikueri:20131020080205j:plain

f:id:rikueri:20131020080158j:plain 

f:id:rikueri:20131020080220j:plain

f:id:rikueri:20131020080213j:plain

f:id:rikueri:20131020080155j:plain

f:id:rikueri:20131020080421j:plain

f:id:rikueri:20131020080414j:plain

f:id:rikueri:20131020080556j:plain

f:id:rikueri:20131020080359j:plain

f:id:rikueri:20131020080611j:plain

f:id:rikueri:20131020080603j:plain

f:id:rikueri:20131020080721j:plain

f:id:rikueri:20131020080711j:plain

f:id:rikueri:20131020080702j:plain

f:id:rikueri:20131020080652j:plain

f:id:rikueri:20131020080541j:plain

f:id:rikueri:20131020080730j:plain

f:id:rikueri:20131020080915j:plain

f:id:rikueri:20131020080910j:plain

f:id:rikueri:20131020080930j:plain

f:id:rikueri:20131020081019j:plain

f:id:rikueri:20131020081147j:plain

f:id:rikueri:20131020081030j:plain

f:id:rikueri:20131020081126j:plain

f:id:rikueri:20131020081041j:plain

f:id:rikueri:20131020081038j:plain

f:id:rikueri:20131020081143j:plain

JR大井町駅徒歩2分程、人気急上昇の激安酒場「晩杯屋」。角打ち(=酒屋呑み)の「武蔵屋酒店」さんで良いスタートを切った後は最近大人気の「晩杯屋」さんへと向かいます。ネット情報によればこちらのオーナーは元システムエンジニアだそう、飲食業に転職して赤羽の激安酒場「いこい」さんで1ヶ月修行、その後独立して武蔵小山に「晩杯屋」を開業したそうです。大井町店はその支店、支店をこの東小路に出すとは中々の目の付け所です。看板には「昼間っから晩杯屋」と・・なんせ年中無休で平日15時、土日13時開店というのですから、まさに「昼間っから晩杯屋」(笑)呑ん兵衛には有難過ぎる酒場です。日頃の行いの良さでしょうか(笑)運良く並ばずに入る事が出来ました(^^) 1階が立呑み、2階がテーブル呑みとなっている店内、愉しそうに呑んだくれている呑ん兵衛だらけで熱気ムンムン、年齢層はかなりの巾の広さです。2階へと案内されてテーブルに着弾、「ホッピーセット(350円)とトマト割り(290円)」をお願いしてカンパーイ!メニューと睨めっこの開始です。大陸系のスタッフの方々はとてもキビキビとした接客が良い感じです。其れにしても驚かされるのは赤羽の「いこい」を彷彿とさせるアテのお値段、その殆どが100,200円台と思わず顔がニンマリです(笑)先ずは「ポテサラ(130円)、煮込み玉子入り(150円)、新さんま刺し(300円)」をオーダー、共される時間の短さも素晴らしいの一言、気持ち良く呑む事が出来ます。ポテサラはとても130円とは思えないボリュームと味の良さ、玉子入りの煮込みは良く煮込まれて味が染み込んで美味しい玉子にモツがたっぷり、ホッピーがグングン進みます。圧巻は新さんま刺しの新鮮さとその美味しさ、口いっぱいにぐわっ〜と旨味が広がります。「中(210円)」をお代わりして「大盛マグロ刺し(200円)、アジフライダブル(150円)、山芋(失念!)」を追加、ご自慢のマグロ刺しは200円にしてはボリューム十分、多少筋が目立ちますが美味しマグロ、アジフライは1枚110円がダブル(2枚)だと150円(笑)サクッと揚がって申し分有りません。シャキシャキの山芋はさっぱりと良い箸休めとなります。周り呑ん兵衛もワイワイガヤガヤととても愉しそう、値段の安さだけでなく味の良さに接客の良さと人気の程が分かりました。これからもお世話になります。ご馳走さまでした。 

晩杯屋」 食べログ