読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丼太郎

代々木

f:id:rikueri:20131104115315j:plain

f:id:rikueri:20131104115406j:plain

f:id:rikueri:20131104115308j:plain

f:id:rikueri:20131104115300j:plain

f:id:rikueri:20131104115413j:plain

f:id:rikueri:20131104115421j:plain

f:id:rikueri:20131104115429j:plain

f:id:rikueri:20131104115436j:plain

f:id:rikueri:20131104115624j:plain

f:id:rikueri:20131104115615j:plain

f:id:rikueri:20131104115606j:plain

f:id:rikueri:20131104115709j:plain

f:id:rikueri:20131104115322j:plain

f:id:rikueri:20131104115326j:plain

f:id:rikueri:20131104115557j:plain

f:id:rikueri:20131104115634j:plain

JR代々木駅徒歩1分程、牛丼太郎改め牛を取って「丼太郎」(笑)牛丼太郎(ぎゅうどんたろう)と言えばその昔は吉野家よりも安い牛丼店としてマニアの間では重宝がられていた牛丼店のひとつ、ある時にマイレビュアー Pぱいさんのレビューを拝見、牛を取ってその名も丼太郎(どんぶりたろう) として再開されていると知り、これは伺わなければと思い数ヶ月、念願叶ってのお邪魔となりました。レビューによれば昨年の8月で牛丼太郎は営業を終了、その内の代々木と茗荷谷の2店舗を新たに別会社が引継いで営業を継続しているとのこと、お邪魔したのは代々木店、赤いテープで消された「牛」の文字がマニアの心を擽ります(笑)店頭のメニューを拝見すれば「牛丼(並)」が味噌汁付きで250円!相変わらずのコストパフォーマンスの良さに思わず顔はニンマリです。店内へとお邪魔すれば厨房を囲むL字型の立喰い専用のカウンター、どんぶり店としてはこれは中々の珍しさ、懐かしの牛丼に後ろ髪を引かれつつ、圧倒的な安さの「納豆丼(味噌汁付き200円)」をポチッと押して厨房のお兄さんにオーダー、お兄さんは「牛太くんどんぶり」にご飯をイン、予め味付けされた納豆をおたまですくって丁寧に盛付け、刻み海苔を散らして「お待ちどうさまです!」ふっくらとした大粒の納豆はまさに昭和の納豆、最近は小粒やひき割りばかりがシェアを高めてこの手の納豆は少なくなる一方、「納豆丼」とのメニューを考えた事も素晴らしいと思いますが、大粒の納豆を使った事が何だかとても嬉しくて堪りません!ちょっと濃い目の味付けもご飯と一緒に掻き込めば最高のご馳走、味噌汁も完全に松屋を凌ぐ美味しさです。これが200円とはさすが「牛丼太郎」の血を受継ぐ「丼太郎」、店舗拡大は中々難しいですか?ご馳走さまでした。 

丼太郎 - 代々木/牛丼 [食べログ]