読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北原製パン

f:id:rikueri:20131124085517j:plain

f:id:rikueri:20131124085502j:plain

f:id:rikueri:20131124085507j:plain

f:id:rikueri:20131124085442j:plain

f:id:rikueri:20131124085452j:plain

f:id:rikueri:20131124085644j:plain

f:id:rikueri:20131124085654j:plain

f:id:rikueri:20131124085703j:plain

f:id:rikueri:20131124085713j:plain

f:id:rikueri:20131124085635j:plain

f:id:rikueri:20131124085809j:plain

f:id:rikueri:20131124085759j:plain

京浜急行追浜駅徒歩2,3分、創業1939年(昭和14年) 昭和風情たっぷりの老舗パン屋さん「北原製パン」。ある日ネット検索していた時に気になった追浜の街、横浜への所用ついでにちょっと足を延ばしてお邪魔することが出来ました。 先ず初めに目指すはその佇まいに惹かれた「北原製パン」さん、ネットで拝見したところ「んっ!此処って歩道?歩道橋?」との不思議な立地、肝心のパンは昭和のパン屋さんお約束のガラスのショーケースに陳列されているよう、ホームページを確認すれば次のように書いてあります。「いらっしゃい!!横須賀で創業70年昔ながらのパン屋さんです。天然酵母を使い、手作りでユニークなパンを作り、地元に愛されています。店頭では31種類のパン、菓子類は13種類もあり、レパートリーの広い小さなお店でガンバッテいます。お店の前は、雷神社。裏の山は鷹取山京浜急行追浜駅より徒歩2分。昔のお姉さんが店番をしております。横須賀にこられたときは是非お寄り下さい。」創業70年、天然酵母に昔のお姉さん、これは伺わない訳にはいきません(笑)追浜の駅を降りてテクテク歩けば歩道橋の脇に見えてくるグリーンのファサードにパンの文字、「あっ〜 成る程ね!」想像するに営んでいたパン屋さんの真ん前に歩道橋を作ったよう、でもどうして此処に歩道橋?横断歩道で十分だと思いますが・・(笑)思い起こせば歩道橋建設が流行った時期が有ったかも、今となってみれば誰も使わない歩道橋が結構残っているように感じます。その店先にはとても立派なガラスケース、この雰囲気は堪りません。ところがどっこい肝心のパンがそこに有りません(涙) 「あのうパンはもう売切れなのでしょうか?」と昔のお姉さんに尋ねれば「ごめんなさい、今日は○○高校で野球の試合が有って、みんなそっちに行っちゃたんですよ〜 本当、ごめんなさいね!普段は30種類以上のぱんを置いているんですけどね!」昔のお姉さんはニコニコして説明しながらも、きちんとアピールも怠らない素晴らしさ、さすが年季が違います(笑)とても残念ですが、目に留まった「ラスク(130円)」を購入、食パン1枚のままのラスクは初めて、昔のお姉さんが昔ながらの袋に入れて渡してくれました(笑)歩道橋を渡って雷神社の境内で頂くことに、食パン1枚の大きなラスクが2枚、そのお姿は素晴らしいの一言!サックサクのラスクはとても懐かしい味がして思わず顔がニンマリです。最近高級なラスクが見受けられますが、ラスクは元々保存食のような物、やはりこうでなくっちゃ!と言う感じがします。今回はパンが頂け無かったのがやはり悔やまれるところ、再度追浜詣でが必要となりました。ご馳走さまでした。

北原製パン - 追浜/パン [食べログ]