読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安井商店

追浜

 

f:id:rikueri:20131124090254j:plain

f:id:rikueri:20131124090247j:plain

f:id:rikueri:20131124090236j:plain

f:id:rikueri:20131124090244j:plain

f:id:rikueri:20131124090351j:plain

f:id:rikueri:20131124090400j:plain

f:id:rikueri:20131124090503j:plain

f:id:rikueri:20131124090229j:plain

f:id:rikueri:20131124090423j:plain

f:id:rikueri:20131124090414j:plain

f:id:rikueri:20131124090410j:plain

f:id:rikueri:20131124090454j:plain

 京浜急行追浜駅徒歩1,2分、ご常連でワイワイガヤガヤと賑わう角打ちの「安井商店」。「北原製パン」の美味しいラスクを頂いた後は追浜の街をブラブラと散策、駅前から延びる追浜銀座通り商店街は昔ながらの商店が軒を連ねて中々の賑わい、昭和風情漂いとても良い感じです。そんな時通った1軒の商店、中を覗けばとても愉しそうに立って呑まれているお父さん達のお姿、壁を見ればズラッと様々なお酒が並んでいます。これはまさに角打ちそのもの、お邪魔しない訳には参りません(笑)店内はフロアの殆どが呑みスペースとなっており、おそらく6割方は呑み中心の営業となっていると思われます。切盛りされているのは愛想の良い綺麗な奥さんとそっくりな可愛い娘さんのお二人、「ホッピー(小270円)」をお願いすれば、冷えたジョッキに冷えた焼酎を入れて、冷蔵庫からホッピーの瓶を取り出して私の前に、これはびっくり氷無しのまさに3冷ホッピー!ホッピーを注げばちょうど1本全てが入るジャストサイズ、因みに大(370円)だと焼酎の量が倍増するよう、美味しく頂くには小の方が良いかもしれません。目の前の籠に盛られたアテの数々から「つまみたら(100円)」を頂いてまったりと愉しみます。「おはようっす!」等とご常連さんが次々に合流、これはまさに大人の社交場、地元の角打ちならではの光景でしょう。そのワイワイと愉しむ声が私にとってはとても良いBGM、アテの一つにもなって短いながらも良いひと時を過ごすことが出来ました。ご馳走さまでした。