読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多け乃

 

f:id:rikueri:20140119104844j:plain

f:id:rikueri:20140119104829j:plain

f:id:rikueri:20140119104837j:plain

f:id:rikueri:20140119104822j:plain

f:id:rikueri:20140119105009j:plain

f:id:rikueri:20140119105018j:plain

f:id:rikueri:20140119105000j:plain

f:id:rikueri:20140119105137j:plain

f:id:rikueri:20140119105145j:plain

f:id:rikueri:20140119110804j:plain

f:id:rikueri:20140119104949j:plain

f:id:rikueri:20140119104954j:plain

f:id:rikueri:20140119105130j:plain

f:id:rikueri:20140119110545j:plain

f:id:rikueri:20140119105115j:plain

f:id:rikueri:20140119110420j:plain

f:id:rikueri:20140119110801j:plain

f:id:rikueri:20140119110428j:plain

f:id:rikueri:20140119110426j:plain

f:id:rikueri:20140119110534j:plain

f:id:rikueri:20140119110542j:plain

f:id:rikueri:20140119110704j:plain

f:id:rikueri:20140119110527j:plain

f:id:rikueri:20140119110707j:plain

f:id:rikueri:20140119110520j:plain

f:id:rikueri:20140119110647j:plain

f:id:rikueri:20140119110643j:plain

f:id:rikueri:20140119110811j:plain

 築地の数あるお店の中で、私の大好きなお店の一つ「多け乃」さん、路地裏に佇むその素っ気無い雰囲気、狭く活気ある店内、魚の美味しさ、平日11時から21時までの通し営業、夜でもご飯が食べられる、築地にしては懐優しいお値段等々、過去にお邪魔した時は良い事ずくめの経験しか御座いません。この日は軽くご飯でもとお邪魔、何時もの様に店内は超満員、幸運にも唯一空いていたカウンター席に入る事が出来ました。先ずは「瓶ビール(大瓶、価格未確認)」でひとりかんぱーい!麒麟ラガーが有難い限りです。食事の前に軽く摘もうと季節柄「牡蠣フライ(価格未確認)」を単品でオーダー、オーダーと共に目の前の厨房で牡蠣を2,3個まとめて成型して揚げるご主人?「はい!お待ちどうさまです!」と共されたそれは、綺麗な俵型の牡蠣フライが4個、細かいパン粉を使っているせいか、見た目カリッとした感じ、この1個の牡蠣フライに2個入っているとすれば計8個の計算、思わず生唾ごっくんです(笑)ガブッといけばやはり外の衣は結構固め、これは2,3個の成型タイプなので致し方無いところ、口の中ではジュワッと牡蠣の旨味が広がります。面白いのは数個の成型タイプ故に齧ると縦割りにもなるところ、これは写真マニアの心を擽るタイプですね(笑)続けて食事をと「まぐろぶつ切り定食(810円)」をご飯少な目でオーダー、もやしの小鉢にあさりたっぷりの美味しい味噌汁、そしてメインのぶつはとても定食で810円とは思えないクオリティーとボリューム感、相変わらずの素晴らしさです!少し摘まんでビールが終われば最後はご飯にぶつを乗せて「ぶつ丼」に、上からワサビ醬油を掛けてガツガツと頬張れば至福のひと時、思わず顔はニンマリです(^^) そっとお茶を出してくれる気遣い言うこと無し、お会計は2260円!いつもの様に大満足の「多け乃」詣でとなりました。ご馳走さまでした。

http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13007634/