読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

磯丸水産 西船橋店

f:id:rikueri:20140202131521j:plain

f:id:rikueri:20140202131515j:plain

f:id:rikueri:20140202131508j:plain

f:id:rikueri:20140202131751j:plain

f:id:rikueri:20140202132719j:plain

f:id:rikueri:20140202131742j:plain

f:id:rikueri:20140202132131j:plain

f:id:rikueri:20140202132124j:plain

f:id:rikueri:20140202131732j:plain

f:id:rikueri:20140202132703j:plain

f:id:rikueri:20140202131723j:plain

f:id:rikueri:20140202131713j:plain

f:id:rikueri:20140202131906j:plain

f:id:rikueri:20140202131858j:plain

f:id:rikueri:20140202131851j:plain

f:id:rikueri:20140202131844j:plain

f:id:rikueri:20140202131836j:plain

f:id:rikueri:20140202132020j:plain

f:id:rikueri:20140202132013j:plain

f:id:rikueri:20140202132006j:plain

f:id:rikueri:20140202131958j:plain

f:id:rikueri:20140202132138j:plain

f:id:rikueri:20140202132656j:plain

f:id:rikueri:20140202132117j:plain

f:id:rikueri:20140202132109j:plain

f:id:rikueri:20140202132534j:plain

f:id:rikueri:20140202132711j:plain

f:id:rikueri:20140202132245j:plain

f:id:rikueri:20140202132241j:plain

f:id:rikueri:20140202132726j:plain

f:id:rikueri:20140202132233j:plain

f:id:rikueri:20140202132231j:plain

f:id:rikueri:20140202132223j:plain

f:id:rikueri:20140202132605j:plain

f:id:rikueri:20140202132603j:plain

f:id:rikueri:20140202132553j:plain

f:id:rikueri:20140202132544j:plain

 JR西船橋駅徒歩1,2分、年中無休で24時間営業の頑張り酒場「磯丸水産」。日曜出勤の帰り道、体はぐったりと疲れてはいるにも拘らず何だか少し行きたい気分(笑)地元近くの西船橋にこの10月に新規オープンした「磯丸水産」にお邪魔です。日曜休みが多い地元の酒場ですが、こちらは有難い事にいつお邪魔しても安心マークの年中無休で24時間営業、疲れた日も安心です(笑)一際明るいその店舗は日曜ながらも結構な賑わい、「いらっしゃいませ〜!!」と威勢の良い声で迎えられ入口すぐのカウンター席へと案内されました。「磯丸水産」は新宿、渋谷、上野、池袋など関東を中心に結構な数の店舗数をチェーン展開していますが、個人的には全く初めてのお邪魔、先ずはメニューと睨めっこ、残念ながら瓶ビールが無く生ビールも499円とそこそこのお値段、「白ホッピーセット(459円)」をお願いしてアテを物色します。メニューの1ページ目はご自慢の貝や魚を自分で焼いて頂くという「名物 磯丸浜焼き」、中々魅力的では有りますが一人では寂しい限り(笑)刺身や一品料理と続きますがお値段300円〜700円が中心の一般的な居酒屋価格、特に安い印象は無く、クオリティで勝負というところでしょうか。ひとり呑み優しいであろう「背黒イワシの唐揚げ(399円)、きゅうりの浅漬け(299円)」をお願いしました。店内は漁港や漁船を思わせるカラーリングや演出の数々、如何にも海鮮主体といった雰囲気でムンムン、流れる有線は中森明菜石井明美と言った昭和後半の歌謡曲でホッと落着きます。10分程で供されたイワシの唐揚げは小振りのイワシが15,6匹もの大盛り状態、カラッと揚がったイワシは油臭くも無く美味しい一品ですが、如何せん一人ではちょっとキツイ量、値段も量もハーフサイズが有ればお得感満載でベストです。浅漬けはきゅうりはミョウガと大葉、白胡麻が絡んでひと手間掛かった美味しい一品でmサッパリと良い箸休め、しかしこちらも結構量が多い印象です。「お替わり焼酎(299円)」をお願いすると、フランス製のデュラレックスのコップに氷入りで供されるパターン、思い切ってドバッと全部入れたら臨界ホッピーになっちゃっいました(笑)結局チビチビと薄めながら呑んだ次第、結局お替わり焼酎で2杯は呑めるパターンです。全体の印象としては、値段からすればクオリティも量もお得感を感じる内容、ただ一品一品の量がそこそこ有るので私のような少食の一人呑みには辛いかも、数人でワイワイ愉しむには良い酒場だと思います。そして何と言っても年中無休で24時間営業が大きなポイントですね。ご馳走さまでした。

 http://tabelog.com/chiba/A1202/A120201/12032925/