読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はみだしたいやき

本八幡

f:id:rikueri:20140215124727j:plain

f:id:rikueri:20140215124823j:plain

 

f:id:rikueri:20140215124841j:plain

f:id:rikueri:20140215124914j:plain

f:id:rikueri:20140215124833j:plain

f:id:rikueri:20140215124924j:plain

f:id:rikueri:20140215124813j:plain

f:id:rikueri:20140215124719j:plain

f:id:rikueri:20140215124723j:plain

f:id:rikueri:20140215124716j:plain

f:id:rikueri:20140215124711j:plain

f:id:rikueri:20140215124846j:plain

JR本八幡駅徒歩1分程、路地裏のたいやき屋さん「はみだしたいやき」。娘の携帯契約に付き添って地元近くの本八幡へ。私が中高生の頃は家の電話代が月1万円(家族4名)を超えると母から「長々とベラベラ話しているんじゃ無いわよ!」と叱られたものですが、今やひとり1万円請求が来てもおかしくない時代、もちろん情報量の多さとスピード感は比べものにはなりませんが、支払いをする親の身としてはなんとも堪りません (>_<) 「出来るだけ有料通話するんじゃないぞ!全部LINEで済ませよ。」「うん、分かった。でも緊急の場合は良いでしょ。」「そ、それは仕方無いな・・」「ありがとう。」等と情けない会話をしながら本八幡の街を歩いていると、前々から気になっていた「はみだしたいやき」の路地裏を通過、「たい焼き食べるか?」「うん、食べる!」と小倉あん(130円)を一つ購入、焼いているのは如何にも人の良さそうなご主人お一人、写真の許可を頂いて先ずはお店をパチリ!焼き上がったたい焼きをお店の前に置いてある椅子に座って頂きます。「お父さん、私がたい焼き持つから写真撮って良いよ。少し食べるよね?」と娘の一言、良く理解してもらい有難い限りです(笑)四角いたい焼きはさすがに始めて、「はみだしたいやき」の魅力は味も去ることながら、一番は周りに付いたパリパリの皮の部分、アメリカンドッグの棒にへばり付いた最後のカリッカリの部分やソフトクリームのコーンの最後の小さな円錐形の部分に相通じるものが有ります(笑)肝心の味はと言えば甘過ぎず美味しい餡子が好印象、本八幡にお邪魔した際は是非再訪したいと思います。最後は私と娘の取り合いに(笑)ご馳走さまでした。 

 http://tabelog.com/chiba/A1202/A120202/12000902/