読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よっちゃん 

西船橋

f:id:rikueri:20140223095600j:plain

f:id:rikueri:20140223095545j:plain

f:id:rikueri:20140223095538j:plain

f:id:rikueri:20140223095553j:plain

f:id:rikueri:20140223095531j:plain

f:id:rikueri:20140223095706j:plain

f:id:rikueri:20140223095652j:plain

f:id:rikueri:20140223095659j:plain

f:id:rikueri:20140223095644j:plain

f:id:rikueri:20140223095640j:plain

f:id:rikueri:20140223095910j:plain

f:id:rikueri:20140223095920j:plain

f:id:rikueri:20140223095901j:plain

f:id:rikueri:20140223095842j:plain

f:id:rikueri:20140223100021j:plain

f:id:rikueri:20140223100017j:plain

f:id:rikueri:20140223100010j:plain

f:id:rikueri:20140223100006j:plain

f:id:rikueri:20140223095959j:plain

f:id:rikueri:20140223100136j:plain

f:id:rikueri:20140223100127j:plain

f:id:rikueri:20140223100117j:plain

f:id:rikueri:20140223100108j:plain

 地元西船橋のもつ焼き屋「よっちゃん」、久し振りにお邪魔する事が出来ました。入口脇の焼き台には大将の変わらないお姿、縄暖簾をくぐって引戸を引いて中へとお邪魔すれば「いらっしゃいませ〜」と元気の良い声で大陸系の女の子が迎えてくれるのも変わりません。カウンターにお邪魔して瓶ビール(中瓶480円)をお願いすれば嬉しい事に赤星!そして「お通しで〜す!」と供されたそれは、「キャベツの浅漬け、胡瓜とワカメの辛い和え物、生キャベツ」と盛り沢山、後から計算したらお通しは200円のよう、私、これだけで良いかも(笑)アテは「レバタレ(2本260円)、シロタレ(2本260円)」と大好きなもつ焼きツートップをオーダー、シロタレは所々焦げ目が付いて良い焼け具合で申し分ない一皿、辛味噌と口直しの胡瓜が添えられるのも嬉しい限りです。レバタレはゴロッと切られたレバーが4つ刺さってボリューミー、シロタレを凌ぐ美味しさに思わず顔がニンマリです。ここで「白ホッピー(420円)」にチェンジ、レバーがいたく気に入ったので「レバ塩」を追加、これはレバー本来の旨味が味わえてホッピーが進む君、「焼酎ナカ(340円?)」を2杯お代わりして愉しませて頂きました。以前より若干の値上げとなっていましたが大満足の「よっちゃん」詣でとなりました。地元ではもつ焼きの美味しい貴重な昭和酒場、これからも時々お邪魔させて頂きます。ご馳走さまでした。

http://tabelog.com/chiba/A1202/A120201/12020412/