読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピッツキューブ

小岩

 

f:id:rikueri:20140223113200j:plain

f:id:rikueri:20140223113153j:plain

f:id:rikueri:20140223113139j:plain

f:id:rikueri:20140223113131j:plain

f:id:rikueri:20140223113146j:plain

f:id:rikueri:20140223113357j:plain

f:id:rikueri:20140223113404j:plain

f:id:rikueri:20140223113411j:plain

f:id:rikueri:20140223113418j:plain

f:id:rikueri:20140223113302j:plain

f:id:rikueri:20140223113254j:plain

f:id:rikueri:20140223113247j:plain

f:id:rikueri:20140223113240j:plain

f:id:rikueri:20140223113538j:plain

f:id:rikueri:20140223113529j:plain

f:id:rikueri:20140223113523j:plain

 JR小岩駅徒歩4,5分、格安の本格的釜焼きピザの美味しい「ピッツキューブ」。さんざんぱら呑んだ帰りに何故かあと一杯だけ呑みたい気分、小岩駅でなんとなく下車してしまう、間も無く50の呑んだくれおやじです(笑)酒場に入るには重すぎる、立ち呑みでもとご無沙汰の小岩の街をフラフラとさ迷い歩けばポツンと佇む看板も無い1軒の飲食店、素通しのガラス扉の向こうにはカウンターに座って愉しそうな数人の可愛らしいお姉さん方(笑)引寄せられるように入口に近づけば「釜焼ピッツァ&釜焼ダイニング  ピッツキューブ」との表示が目に留まりました。こちら先日テレビで拝見した格安の釜焼きピザが頂けるお店のよう、軽くワインにピザでもと興味津々突入です。店内は厨房をグルっと囲む6,7人のカウンターのみのとてもこじんまりとして少々雑然とした雰囲気、幸運にも2名のカップルと入れ替わりに席に着くことが出来ました。狭い厨房でおひとり黙々と料理をこなすお若いご主人、釜にピザを入れたかと思えばものの数分で焼き上がり!ザクザクと切って「お待ちどう様です!」とお若い女性グループへ、「わっ〜美味しそう〜」と無邪気に喜ぶお姉さん方、そんな光景が堪りません(爆) ご主人が落着くまでメニューと睨めっこ、15,6種類のピザは一律600円!その他、釜焼きの野菜や肉、魚料理が300円〜500円とリーズナブル、ピザだけかと思いきや一品料理も充実とは驚きました。「大変お待たせしました!呑み物はどうされますか?」「ワインでも!」とお願いすれば、ビッシリとワインリストの書かれたホワイトボードを見せてくれ、「どちらにしましょうか?」とご主人、内心 (アルコールが入っていれば何でもOK) とワインに全く無知のワイン痛おやじは「ボジョレー・ヌーボー 400 円」を発見して「ボジョレーを!」とお姉さん方の前で気取ってオーダー(笑)アテはもちろんメニューの一番上の「マルゲリータ(600円)」です(爆) 目の前でピザの生地を手際良く丸くのばす光景は見ていてもとても愉しいもの、トマトソースにチーズ、バジルを乗せて窯に入れたピザはまさに私のピザ、それを思うと向こうに見える釜の中をじっ〜と見てしまうのも仕方ないですね(笑)「はい、マルゲリータです!」と供されたそれは思った以上に立派な大きさ、これで600円は確かにリーズナブル、焼き立てゆえに味も申し分無い美味しさです!これなら是非とも一品料理も頂いてみたいところですが、この日はこれでお腹パンパン、それは次回への愉しみとなりました。後日調べてみれば「ピッツキューブ」さんはピザ釜を販売する「有限会社オフィスキューブ」さんの直営店のよう、「ピザ職人育成アカデミー」なるスクールを催し、格安で美味しいピザの普及に努めているそう、機会が有れば是非再訪したいと思います。ご馳走さまでした。