読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おにやんま新橋店

新橋

f:id:rikueri:20140330125557j:plain

f:id:rikueri:20140330125604j:plain

f:id:rikueri:20140330125603j:plain

f:id:rikueri:20140330125601j:plain

f:id:rikueri:20140330125602j:plain

f:id:rikueri:20140330125600j:plain

f:id:rikueri:20140330125558j:plain

f:id:rikueri:20140330125559j:plain

f:id:rikueri:20140330125605j:plain

f:id:rikueri:20140330125606j:plain

f:id:rikueri:20140330125555j:plain

f:id:rikueri:20140330125556j:plain

JR新橋駅徒歩2,3分、立喰いうどんの名店のひとつ「おにやんま 新橋店」。新橋界隈で愉しんだ〆にと伺ったのは、五反田、青物横丁についで3店舗目となる、うどん好きにはその名が知られている立喰いうどんの「おにやんま」。会社が五反田に有った際には呑みの〆、二日酔いの時の朝食、等々お世話になっていましたが、本社が移転してしまってからはとんとご無沙汰、あの美味しさを味わいたくて寒風吹きすさぶ中、テクテクと歩いて向かいます。こじんまりした五反田店とは異なって間口の広い結構な大型店、券売機で「かけうどん(290円)✖️2、とり天(100円)」を購入、五反田や青物横丁と比べればはるかに高いと容易に推測される地代では有りますが、嬉しいことにお値段は一緒、そこは客数でカバーという算段でしょうか。店内への出入りは入口と出口が完全分離した一方通行型、正面向かって左手の入口から入ると、先ずはうどんの受渡し口、事前に券売機の情報が厨房に流れていることも有り食券を見せなくても「はーい、かけにとり天の方〜 」と大きな声が掛かり、食券と引換えと相成ります。厨房をコノ字型カウンターがぐるっと囲んでいる一体型の五反田店とは異なり、分離型の新橋店、それ故に目の前で麺を茹でたり、天ぷらを揚げたりする光景がリアルに見られないのはちょっと残念、あの臨場感は中々捨て難いのですが・・逆に嬉しい違いはネギ入れ放題というところ・・ぐらいかな(笑)出汁は相変わらず深い旨味を感じる美味しい出汁、麺は単に硬いのでは無くもっちりと柔らかく、でもコシを感じる美味しいうどん、とり天の美味しさも申し分ありません。最後に美味しいうどんが頂けてとても良い〆に!新橋にまた一つお気に入りのお店が増えました。ご馳走さまでした。

 おにやんま 新橋店 - 内幸町/うどん [食べログ]