読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリーノ

横浜

f:id:rikueri:20140406082646j:plain

f:id:rikueri:20140406082645j:plain

f:id:rikueri:20140406082644j:plain

f:id:rikueri:20140406082643j:plain

f:id:rikueri:20140406082648j:plain

f:id:rikueri:20140406082650j:plain

f:id:rikueri:20140406082647j:plain

f:id:rikueri:20140406082651j:plain

f:id:rikueri:20140406082649j:plain

f:id:rikueri:20140406082652j:plain

f:id:rikueri:20140406082653j:plain

f:id:rikueri:20140406082654j:plain

f:id:rikueri:20140406082655j:plain

f:id:rikueri:20140406082656j:plain

f:id:rikueri:20140406082640j:plain

f:id:rikueri:20140406082641j:plain

f:id:rikueri:20140406082638j:plain

f:id:rikueri:20140406082639j:plain

f:id:rikueri:20140406082642j:plain

京浜急行日ノ出町駅徒歩5,6分、創業1972年(昭和47年) 人気のイタリアンレストラン「イタリーノ」。「浅見本店」さんでサクッと愉しんだ後は「横浜橋通商店街」をブラブラと歩いて日ノ出町方面へ、昭和風情漂うこの商店街は戦前から続く長い歴史のある商店街、生活用品や食料品など100店舗以上が軒を連ねてとても賑やかで活気があって良い感じ、歩くだけでなんだかワクワクしちゃいます(^^) 右へ左へとアテもなく歩いていると目に留まった紅白の派手なストライプのファサードに「イタリアーノ」との真っ赤な看板、「えっ、イタリアーノって、あのイタリアーノ?」と言うのも横浜在住の後輩に「イタリアーノって行ったこと、有りますか? 僕なんか子供の頃から通っていて、めちゃ良いお店ですよ!」とススメられていた一軒!年季の入った木製の扉、がっちりとしたスチールのサンプルケース、レンガタイル張りの建物等々良い雰囲気、3名程が並んでいましたが、折角の機会ゆえランチを頂くことにしました。日替りランチは「ポークカツと魚のフライ(ライス付)」で550円!お値段的なお得感は有りますがはたしてどんな料理やら、10分程で入店すれば厨房を囲むカウンターに5席とテーブル3卓のとてもこじんまりとした店内、座った途端にスタッフのお姉さんが「ランチで良いですか?」と中々鋭いツッコミ(笑)「ええ、ランチで!それとビール有りますか?」とビール(中瓶500円)もお願いしちゃいます(^^) すると同時に入ったお兄さんの「ご飯、三分の一でお願いします。」とのお言葉、嫌な予感がよぎって慌てて「あっ、僕は半分で!」と後追いします。ビールで喉を潤していると「はーい!お待ちどうさまです。」と供されたランチは白いお皿いっぱいに盛られたとてもボリューミーな一品、デミグラス系のソースが掛けられたシッカリとした大きさのポークカツ、その下に隠れた魚のフライ、たっぷり添えられた千切りキャベツに横にはカレースパ、見るからに美味しそうなランチに喉がゴクっと音をたてます (^^) ライスは半分でも普通の一人前はゆうに有る量、後追いして大正解です。メインのポークカツはナイフを入れるとサクッ、サクッと音をたて、良い揚がり具合の一品、掛けられたソースも思った程、味が濃くなく相性抜群、魚フライも申し分ありません。千切りキャベツはみずみずしくシャキッとしてこれまた好印象、そしてなにより嬉しかったのはカレースパの美味しさ、これだけでビールの良いアテとなること間違いなし、思わず顔がニンマリです (^^) この内容で550円は有難い限り、後輩オススメの理由が良く分かりました。次回機会が有れば単品料理を愉しみたいと思います。ご馳走さまでした。 

 イタリーノ - 関内/洋食 [食べログ]