読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食堂ときわ

駒込

f:id:rikueri:20140406083635j:plain

f:id:rikueri:20140406083633j:plain

f:id:rikueri:20140406083629j:plain

f:id:rikueri:20140406083634j:plain

f:id:rikueri:20140406083631j:plain

f:id:rikueri:20140406083630j:plain

f:id:rikueri:20140406083632j:plain

f:id:rikueri:20140406083640j:plain

f:id:rikueri:20140406083641j:plain

f:id:rikueri:20140406083648j:plain

f:id:rikueri:20140406083625j:plain

f:id:rikueri:20140406083647j:plain

f:id:rikueri:20140406083626j:plain

f:id:rikueri:20140406083627j:plain

f:id:rikueri:20140406083645j:plain

f:id:rikueri:20140406083628j:plain

f:id:rikueri:20140406083643j:plain

f:id:rikueri:20140406083646j:plain

f:id:rikueri:20140406083644j:plain

f:id:rikueri:20140406083642j:plain

f:id:rikueri:20140406083639j:plain

f:id:rikueri:20140406083638j:plain

f:id:rikueri:20140406083637j:plain

JR駒込駅徒歩5,6分、呑み食べ嬉しい大衆食堂、東京ときわ会員の「食堂 ときわ」さん。「一由そば」さんで目的を果たして大満足の足取りで駒込の街をブラブラと散策、山手線の池袋から上野にかけての各駅には昔ながらの商店街が散見され中々魅力的な一帯、初めてお邪魔した駒込には100店舗程の商店が軒を連ねる「アザレア通り商店街」、元は「駒込東銀座」と言われていたそう、その昭和的な名の付け方が良い感じです(笑)日用雑貨や飲食店が比較的多いその商店街を歩いている時に目に留まった「食堂 ときわ」との大衆食堂、近付いて見ればサンプルケースには「東京ときわ会員」の木札、検索すればマイレビュアー、ぴじきさんのレビュー、建物は鉄筋のビルとはなっていますが、これはお邪魔しない理由は御座いません(笑)店内はテーブル7,8卓の落着く程良い広さ、壁にはお約束の短冊メニューや黒板の日替りオススメメニューなど大衆食堂然とした雰囲気は保たれており全く問題御座いません。先客は4組、お若い女性のグループからお年を召したお父さん、食事の方、呑みの方と皆さんそれぞれ愉しそう、メニューのお値段はいつものレベルからすると気持ち高めと言う感じでしょうか、一由さんで満足した後ゆえに軽くツマミをと「熱燗二合(600円)、塩辛(150円)、岩のり(180円)、〆さば(380円)」をオーダー、お通しの小さな冷奴と合わせてテーブルに並んだそれらのビジュアルは幸せの一言!我ながらとても良い選択です (^^;;  塩辛も岩のりも変なしょっぱさは皆無で可も無し不可も無しの熱燗が進むくん、〆さばも特段の美味しさでは有りませんが値段を考えれば十分なクオリティ、調子にのって「ウーロンハイ(350円)、酢の物(400円)」を追加、酢の物は胡瓜、トマト、クラゲ、カニ身がデフォルトのようですが、カニが無いと言うことで〆さばに変更(笑)〆さばは好きなので大きな問題は御座いません。この酢の物の盛合せ、味と食感の変化が色々と愉しめて中々の一品、とても良い時間を過ごすことが出来ました。こちらのオススメは「千葉県産林SPF 豚」を使用したロースカツのよう、次回はお腹を空かせてお邪魔したいと思います。ご馳走さまでした。 

 食堂 ときわ - 駒込/定食・食堂 [食べログ]