読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一由そば 駒込店

f:id:rikueri:20140406083649j:plain

f:id:rikueri:20140406083650j:plain

f:id:rikueri:20140406083651j:plain

f:id:rikueri:20140406083653j:plain

f:id:rikueri:20140406083654j:plain

f:id:rikueri:20140406083652j:plain

f:id:rikueri:20140406083655j:plain

f:id:rikueri:20140406083700j:plain

f:id:rikueri:20140406083702j:plain

f:id:rikueri:20140406083703j:plain

f:id:rikueri:20140406083657j:plain

f:id:rikueri:20140406083656j:plain

f:id:rikueri:20140406083701j:plain

f:id:rikueri:20140406083658j:plain

f:id:rikueri:20140406083704j:plain

f:id:rikueri:20140406083707j:plain

f:id:rikueri:20140406083711j:plain

f:id:rikueri:20140406083712j:plain

f:id:rikueri:20140406083710j:plain

f:id:rikueri:20140406083659j:plain

f:id:rikueri:20140406083708j:plain

f:id:rikueri:20140406083709j:plain

f:id:rikueri:20140406083706j:plain

f:id:rikueri:20140406083705j:plain

 JR山手線駒込駅徒歩3,4分、コスパ抜群の立喰いそば「一由そば 駒込店」。マイレビュアー 、ルセロさんのレビューを拝見しているとそこには何と大好きな「紅生姜天そば」の凛々しいお姿 (^^) 居ても立ってもいられずに会社帰りにウキウキしながらお邪魔した次第、駒込の駅は過去降りた記憶が殆どない未踏の街、一由さんへの道すがら、懐かしい木札の下駄箱が残る銭湯が有ったりとほんのりと下町風情漂い良い雰囲気、幹線道路からちょいと入った小道に佇む「一由そば」さん、さる方のブログによればこちらは「六文そば」さんから独立された方が始めたとの事、そう聞けば、メニューや店舗に黄色を使用している所など、そこはかとなく六文さんを彷彿とさせる部分が見受けられます。店頭のメニューを拝見すれば温かいかけ蕎麦普通盛りが200円!天ぷらは8割方が80円と驚きのコストパフォーマンス!「紅ショウガ天」はシッカリと上から4番目にラインナップされています。店内は厨房を囲むL字型の立喰いカウンターとテーブル1卓の立喰い店としてはごく一般的な広さ、「そば、うどん、温かいの冷たいの、どちらですか?」とお母さん、先ずはそれを確認してトッピングへと移るよう、「温かいそばで!紅しょうが天をのせて下さい!」「あらっ、紅しょうが天は半分のしかないのよ。」「えっ・・・」と様々な天ぷらの並べられたケースを拝見すれば半分に切られた紅ショウガ天が2つ、「それ2つ入れて下さい!!」一瞬冷やっとしましたがなんとか目標達成(笑)「はい、280円です。ネギはご自分で好きなだけどうぞ!」こんなにコスパが良いのに更にはネギ入れ放題と素晴らしいサービス、凄いですよ一由さん!!ふと横を見れば「冬の天ぷら  牡蠣50円」との季節メニュー、「か、か、牡蠣有りますか?」「最後の一つですけど・・」「そ、そ、其れもお願いします!!」なんと大好きな牡蠣の天ぷらも有って大興奮(笑)色が濃い出汁は全くしょっぱさは無く旨味十分で美味しい出汁、麺はごくごく一般的な立喰いレベルですが、200円の値段を考えれば何も言うこと御座いません。紅ショウガ天はショウガたっぷり、厚みも有って美味しいの一言!思わず顔がニンマリです(^^) 牡蠣の天ぷらは揚げてしばらく経っているのでしょう、サクッとはいきませんが、噛むと牡蠣の旨味がジュワッと口の中に広がり、満足!満足!これが50円ですから申し分ありません。お陰様で大満足の一由詣でとなりました。次回は出来れば紅ショウガ天に揚げたての牡蠣を3個のせて頂きたいものです。ご馳走さまでした。

 一由そば 駒込店 - 西ヶ原/そば [食べログ]