読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中華料理 若松

f:id:rikueri:20140427073855j:plain

f:id:rikueri:20140427073856j:plain

f:id:rikueri:20140427073859j:plain

f:id:rikueri:20140427073857j:plain

f:id:rikueri:20140427073858j:plain

f:id:rikueri:20140427073908j:plain

f:id:rikueri:20140427073901j:plain

f:id:rikueri:20140427073904j:plain

f:id:rikueri:20140427073905j:plain

f:id:rikueri:20140427073907j:plain

f:id:rikueri:20140427073900j:plain

f:id:rikueri:20140427073917j:plain

f:id:rikueri:20140427073915j:plain

f:id:rikueri:20140427073916j:plain

f:id:rikueri:20140427073914j:plain

f:id:rikueri:20140427073910j:plain

f:id:rikueri:20140427073909j:plain

f:id:rikueri:20140427073906j:plain

f:id:rikueri:20140427073913j:plain

f:id:rikueri:20140427073912j:plain

f:id:rikueri:20140427073911j:plain

f:id:rikueri:20140427073903j:plain

f:id:rikueri:20140427073902j:plain

f:id:rikueri:20140427073854j:plain

JR本八幡駅徒歩2,3分、創業1964年(昭和39年) 、偶然にも私と同級生の大衆中華「若松」。食事がてら軽く摘まんで呑めればと地元近くの本八幡で途中下車、こんな時頼りになるのは大衆食堂か街中華、前々から気になっていた「若松」さんを目指します。真っ赤なファサードに真っ赤な暖簾、赤一色のその外観は誰がどこから見ても庶民に愛される街中華そのもの!所々目隠しをしては有るものの、店内の様子がほぼ素通しなのも入り易くて良い感じです。「いらっしゃいませ!」と迎えてくれたのは大陸系のお姉さん、厨房を囲むL字型カウンター6席とテーブル4,5卓のこじんまりした店内は街中華そのものでホッと落着いて良い感じ、テーブルに置かれているメニューを拝見すれば単品物も豊富ですが、目についたのは派手な打出しの「若松のビールセット」、その内容はビール中瓶に餃子3ケとお通しに料理が1品付いて950円という私にぴったりのお得なセット、料理はラーメン、ワンタンメン、広東メン、チャーハン、中華丼、ニラレバ炒め、しょうが焼き等々、麺類からご飯もの、そして単品のおかず系まで他にも色々と盛り沢山、ビールもお好みで日本酒、焼酎、ハイボールに変更可能と至れり尽せりの素晴らしさ、瓶ビールにニラレバ炒めのセットをお願いしました。瓶ビールはアサヒと麒麟が完備され呑ん兵衛には嬉しい心遣い、お通しは枝豆がちょこっと(笑)ビールと枝豆は良いお友達ですね!餃子は良い焼き色の付いた見るからに美味しそうな餃子、ガブッと齧れば口の中に野菜の甘みがジュワッ〜と広がり旨いの一言!そこにラガーを流し込めば至福のひと時、タレなど何も付けずにその甘みを愉しみます。「お待ちどうさまです!」と供されたニラレバはこんもりと盛られて量もたっぷり、もやしシャキシャキ美味しい味付け、これまたビールの良いアテとなり「日本酒(350円)」を追加してのんびりと愉しみます。「こんちは〜」と入って来たご常連さにお姉さんが「今日は回鍋肉?」と聞けば「あっ、じゃぁそれにするわ!言われたの食べようと思っていた(笑)」「回鍋肉一丁〜」と厨房に通すお姉さん、なんかほんわかとして良い雰囲気です。それにしてもこのセットのお得感は抜群、次回はしょうが焼き辺りを愉しみたいと思います。ご馳走さまでした。

 中華料理 若松 - 本八幡/中華料理 [食べログ]