読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うな太郎

国分寺

f:id:rikueri:20140601124924j:plain

f:id:rikueri:20140601124926j:plain

f:id:rikueri:20140601124925j:plain

f:id:rikueri:20140601124935j:plain

f:id:rikueri:20140601124927j:plain

f:id:rikueri:20140601124928j:plain

f:id:rikueri:20140601124933j:plain

f:id:rikueri:20140601124934j:plain

f:id:rikueri:20140601124932j:plain

f:id:rikueri:20140601124931j:plain

f:id:rikueri:20140601124929j:plain

f:id:rikueri:20140601124930j:plain

 JR中央線国分寺駅徒歩2,3分、定食も充実のリーズナブルな街のうなぎ屋さん「うな太郎」。立瓶でお酒を愉しんでフラフラと駅へと向かえばふと目に留まった「いまどきな〜んと?! うな太郎」との置き看板、拝見すればうな丼が1280円に定食類が580円からとリーズナブルな価格設定、やはり酔いとは怖いもの「食べちゃえ〜食べちゃえ〜 美味しいぞ〜」との悪魔の囁きに、気が付けばいつの間にかテーブルに座ってお酒(360円)を呑んでいる自分がそこに居ます(笑)店内は飾り気のないシンプルで小綺麗な街のうなぎ屋さん風情、営まれているのはご夫婦お二人のよう、ご主人が厨房、奥さんがフロア担当のよう、こうなればとことんもうぞ食い!うな丼はそれでもお高いのでスルーして (^^;;「しょうが焼き定食 肉ダブル(800円)」をオーダー、肉ダブルとは完全に酔っ払いならではの行動です(笑)供された肉ダブルはたっぷりと盛られた千切りキャベツを完全に覆い尽くす凄いボリューム感、肉はバラ肉系と大好きなタイプ、先ずは肉のみをガブリとイケば甘辛いタレに豚肉と脂の甘みのコラボレーションに思わず顔がニンマリです。こうなると止まる事を知らないもうぞ食い、肉にキャベツを巻いてガブッ!ご飯を巻いてガブッ!キャベツをタレに浸してガブッガブッ!最後は味噌汁をズズッと吸って「ふうっ〜」と一息(笑)お腹はパンパン、大満足の肉ダブルとなりました。後悔先に立たずとは正にこのこと、以後気を付けたいと思います (^^;; ご馳走さまでした。

 うな太郎 (うなたろう) - 国分寺/うなぎ [食べログ]