読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛養

築地

f:id:rikueri:20140623070903j:plain

f:id:rikueri:20140623070905j:plain

f:id:rikueri:20140623070904j:plain

f:id:rikueri:20140623070906j:plain

f:id:rikueri:20140623070901j:plain

f:id:rikueri:20140623070902j:plain

f:id:rikueri:20140623070900j:plain

f:id:rikueri:20140623070859j:plain

f:id:rikueri:20140623070907j:plain

f:id:rikueri:20140623070858j:plain

f:id:rikueri:20140623070857j:plain

f:id:rikueri:20140623070856j:plain

f:id:rikueri:20140623070855j:plain

f:id:rikueri:20140623070908j:plain

f:id:rikueri:20140623070909j:plain

f:id:rikueri:20140623070854j:plain

 築地市場内でホッと一息、憩いの喫茶店「愛養」にお邪魔、この日は「ミルクコーヒー(450円)、トースト(220円)、ゆで卵(60円)」をオーダー、ご主人、先ずは小さなお鍋でミルクを温め、トースターに食パンを投下!「ミルクコーヒーは甘くしますか?」「いえ、甘くなくて!」ガラスのコップに熱いコーヒーを7分目まで入れた上から温まったミルクを注いで「お待ちどうさま!」とテーブルに置かれたミルクコーヒー、「AIYO」と書かれたコップ、その色と相まってなんとも愛らしく、見ているだけで不思議と心が落ち着きます。もちろん熱っつあつなので暫し撮影タイム(笑)その間に「トーストはバターとジャム半々にしましょうか?」「ええ、食べ易い大きさにお願いします。」と素晴らしいタイミング、「卵の固さは普通で?」「半熟で!」(普通が半熟かもしれません) 「卵はもう少々お待ち下さいね。」そろそろ頂こうかとコップを手に取ればミルクコーヒーに薄っすらとミルクの皮膜、これも久し振りでなんだか良い感じ、甘みの無いミルクコーヒーはさっぱりと大人の味でトーストの美味しさが引き立ちます。熱湯から取出し水で冷やした卵の頭をエッグカッターでちょこんと切ってエッグスタンドに乗せられ待望のご登場、スプーンに塩と醤油が添えられます。切られた頭から中を覗けば半熟じゅくの黄身がこんにちは (^^) 醤油を数滴垂らしてスプーンですくえばそのビジュアルにはノックアウト!絶妙な茹で加減は長年の経験の成せる技、その美味しさに思わず顔がニンマリです(^^) 癒し癒されとても良い時間を過ごすことができました。ご馳走さまでした。

愛養 (アイヨウ) - 築地市場/喫茶店 [食べログ]