読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かとりや

f:id:rikueri:20140623072402j:plain

f:id:rikueri:20140623072356j:plain

f:id:rikueri:20140623072357j:plain

f:id:rikueri:20140623072358j:plain

f:id:rikueri:20140623072359j:plain

f:id:rikueri:20140623072400j:plain

f:id:rikueri:20140623072401j:plain

f:id:rikueri:20140623072345j:plain

f:id:rikueri:20140623072346j:plain

f:id:rikueri:20140623072344j:plain

f:id:rikueri:20140623072347j:plain

f:id:rikueri:20140623072343j:plain

f:id:rikueri:20140623072348j:plain

f:id:rikueri:20140623072342j:plain

f:id:rikueri:20140623072349j:plain

f:id:rikueri:20140623072340j:plain

f:id:rikueri:20140623072350j:plain

f:id:rikueri:20140623072351j:plain

f:id:rikueri:20140623072338j:plain

f:id:rikueri:20140623072352j:plain

f:id:rikueri:20140623072353j:plain

f:id:rikueri:20140623072336j:plain

f:id:rikueri:20140623072335j:plain

f:id:rikueri:20140623072354j:plain

f:id:rikueri:20140623072355j:plain

f:id:rikueri:20140623072333j:plain

f:id:rikueri:20140623072334j:plain

東京急行電鉄溝の口駅徒歩2分程、昭和の匂いプンプン!美味しいお酒ともつ焼きの昭和酒場「かとりや」。「溝の口に行きませんか?」との嬉しいお誘い、溝の口の魅力的な昭和酒場の数々はマイレビュアーさん達のレビューで勉強済みも、自宅とは真逆の土地ゆえに中々足が向かなかった街のひとつ、このお誘いは願ってもない良い機会だと、「宜しくお願いしま〜す!」と、ニコニコ顏での二つ返事 (^^;;  愉しい溝の口ツアーの始まりです。JRと東急が交差する溝の口駅は乗降客も多く、駅前には丸井がお店を構えとても賑やか、パッと見「金妻」よろしく、愛憎渦巻く小洒落た様相を呈していますが(笑)「こっちですよ〜」と溝の口マイスターの先導で階段を降りれば、その先には駅前の景色とは真逆の昭和の商店街「溝の口駅西口商店街」がお出迎え、「いやぁ〜 めちゃくちゃ良い感じですねぇ〜 想像以上ですよ!」南武線脇に立ち並ぶ商店街の雰囲気は戦後の闇市を感じさせ( 見たこと無いけど(^^;; ) バラックと言っても過言では無く、昭和好きには堪らんの一言! 「ここです、ここ、入れるかなぁ〜」既に表の立ち呑みブースは煙もくもく超満員、店内に確認に行けば「OKで〜す」とニコニコ顏のマイスター、詰め詰めして頂いて無事、席に着くことが出来ました。厨房を囲む古木のL字型カウンターの店内はまんま昭和で堪らん雰囲気、先ずは「瓶ビール(大瓶620円)」をお願いしてかんぱ〜い!この雰囲気で赤星はハマり過ぎ、私、気絶しそうです(笑)焼物は1本100円、5本でのオーダー縛り「かしら、しろ、れば、砂ぎも、ねぎま(1本100円) 」の5種類を3本ずつオーダー、いずれもジューシーで文句無しの美味しさ、幸せな時間が流れます。「ハイボール(400円)、ガツ醤油焼き(3本330円) 、しろたれ」を追加、ハイボールは勝手に焼酎ハイボールかと思っていましたが、真っ当なウイスキーハイボール 、やはり下町とはちょっと違うよう(^^;;  ガツ醤油焼きは刻みネギと生姜がたっぷりと乗せられこれまた逸品!大好きなしろたれも一気に平らげ幸せ夢心地!雰囲気抜群、味抜群、懐に優しいと言うこと無しの「かとりや」さん、次回は外でサクッと愉しみたいと思います。ご馳走さまでした。 

かとりや 溝口店 - 溝の口/焼鳥 [食べログ]