読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三ちゃん食堂

武蔵小杉

f:id:rikueri:20140701082629j:plain

f:id:rikueri:20140701082631j:plain

f:id:rikueri:20140701082628j:plain

f:id:rikueri:20140701082632j:plain

f:id:rikueri:20140701082633j:plain

f:id:rikueri:20140701082623j:plain

f:id:rikueri:20140701082624j:plain

f:id:rikueri:20140701082650j:plain

f:id:rikueri:20140701082649j:plain

f:id:rikueri:20140701082653j:plain

f:id:rikueri:20140701082654j:plain

f:id:rikueri:20140701082647j:plain

f:id:rikueri:20140701082652j:plain

f:id:rikueri:20140701082651j:plain

f:id:rikueri:20140701082648j:plain

f:id:rikueri:20140701082641j:plain

f:id:rikueri:20140701082640j:plain

f:id:rikueri:20140701082636j:plain

f:id:rikueri:20140701082634j:plain

f:id:rikueri:20140701082644j:plain

f:id:rikueri:20140701082645j:plain

f:id:rikueri:20140701082642j:plain

f:id:rikueri:20140701082639j:plain

f:id:rikueri:20140701082638j:plain

f:id:rikueri:20140701082626j:plain武蔵小杉駅徒歩7,8分、昼から呑み食べ何でも御座れの幸せ食堂「三ちゃん食堂」。この日は武蔵小杉で仕事が終了、そうとくれば憧れの食堂の一つ「三ちゃん食堂」を目指します(^^)こちらは「酒場放浪記」と「孤独のグルメ」の両番組に取り上げられたマニアにはよだれものの中華食堂、磨りガラスの引戸 に「中華料理」と白で抜かれたエンジ色の暖簾の掛かるその佇まいは素晴らしいの一言!いやぁ〜これは何とも堪りません (^^) ガラガラと戸を引いて店内へとお邪魔、「いらっしゃいませ〜」と元気の良いお嬢さん方が迎えてくれました。奥の厨房へと延びる3列のテーブル席、皆さん気ままに呑んだり食べたりととても愉しそう、この風景に恋い焦がれていた私はニヤニヤしっぱなしです(笑)この様な邪魔な物が無い四角いフラットなフロアにあえてテーブルを縦にズラッと3列並べる配置は普通は中々しないもの、しかしこれこそが三ちゃん食堂の魅力の一つ、「袖振り合うも多生の縁」を地で行く食堂と言えましょう。何はともあれ「瓶ビール(大瓶 550円) 」でかんぱ〜い! 大好きな麒麟ラガーを頂きながらメニューと睨めっこ、中華のみならず刺身から天ぷら、呑みのちょっとしたアテまだズラッと揃った品数の多さに目が行ったり来たり (^^;; 中から 「ブロッコリーマヨネーズ(180円)、ポテトサラダ(350円)、特上まぐろ(800円)」をオーダー、ブロッコリーは何だか体に良さそう(笑)ポテトサラダはキャベツにトマト、ハムまで入ってボリューム満点、これで350円は涙ちょちょぎれ、特上まぐろは赤身の分厚い切身が8切れ、旨味たっぷりで申し分ありません。次は「酎ハイ(350円)」にチェンジして「餃子(240円)、ハムカツ(250円)、ミョウガ天ぷら(250円)」を追加、パリッとキツネ色の餃子は間違いの無い一品、ハムカツもサクッと感が堪りません。そして珍しいのがミョウガの天ぷら、サクッと感の後に口いっぱいに広がるミョウガの風味がサッパリとした酎ハイにジャストミート、これはお子ちゃまには分からない大人の味ですね(^^) 三ちゃん食堂は噂以上に素晴らしい中華食堂、またお邪魔したいと思います。ご馳走さまでした。

 三ちゃん食堂 (さんちゃんしょくどう) - 新丸子/定食・食堂 [食べログ]