読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるみ

f:id:rikueri:20140701082822j:plain

f:id:rikueri:20140701082819j:plain

f:id:rikueri:20140701082823j:plain

f:id:rikueri:20140701082820j:plain

f:id:rikueri:20140701082821j:plain

f:id:rikueri:20140701082828j:plain

f:id:rikueri:20140701082824j:plain

f:id:rikueri:20140701082825j:plain

f:id:rikueri:20140701082831j:plain

f:id:rikueri:20140701082826j:plain

f:id:rikueri:20140701082827j:plain

f:id:rikueri:20140701082829j:plain

f:id:rikueri:20140701082832j:plain

f:id:rikueri:20140701082833j:plain

f:id:rikueri:20140701082834j:plain

武蔵小杉駅徒歩2,3分、ホッと一息、憩いの昭和酒場「まるみ」。念願の「三ちゃん食堂」を堪能した後は軽くもう一杯と、手頃な酒場を探しながら武蔵小杉の駅までフラフラと。全く土地勘の無い街をフラフラするのは結構愉しいもの、右に左にと縦横無尽に歩き回れば様々なお店に出会えます。駅も直ぐそことなった時に目が釘付けになった1軒の大衆酒場「まるみ」。その佇まいは 昭和風情漂い良い感じ、「大衆酒場」と白で抜かれた藍色の暖簾に赤提灯、磨りガラスからもれてくる店内の灯り、その全てが「おいで、おいで」と私を手招きしているようです(笑)ガラガラと引戸を引けば店内も外観に負けず劣らず良い雰囲気、酒場と言うよりは食堂に近いその雰囲気は昭和そのもの、左手に厨房を構えカウンター5,6席にテーブル10卓程と小上がり数卓の結構な広さ、皆さんご家族でしょうか、厨房には私の母ぐらいのお母さんお2人と、お父さんの3名、フロアもそこそこのお年のお姉さん、運良くカウンターに着く事が出来ました。先ずは「日本酒(300円)」をぬる燗でお願いしてお通しの柿の種(無料)をポリポリ頂きながらメニューと睨めっこ、品数は少ないもののその殆んどが100円〜300円台と値段の安さにはびっくり!その中から「とうふ(110円)」と「ししゃも(180円)」をお願いすれば「豆腐は温めますか?」とお母さん、折角なので温めてもらえば、いつもの冷奴とは異なった美味しさに日本酒がジャストミート、180円と激安のししゃもはしっかりと3匹鎮座ましまし、これまた日本酒との相性抜群と幸せな時間が流れます。まったり、のんびりとした空気感と言い、激安のお値段と言い、こちらは素晴らしい大衆酒場、とても良い出会いの一軒となりました。ご馳走さまでした。 

まるみ - 武蔵小杉/居酒屋 [食べログ]