読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

や婦゛楚者゛

f:id:rikueri:20140701083040j:plain

f:id:rikueri:20140701083041j:plain

f:id:rikueri:20140701083042j:plain

f:id:rikueri:20140701083044j:plain

f:id:rikueri:20140701083045j:plain

f:id:rikueri:20140701083048j:plain

f:id:rikueri:20140701083047j:plain

f:id:rikueri:20140701083049j:plain

f:id:rikueri:20140701083050j:plain

f:id:rikueri:20140701083051j:plain

f:id:rikueri:20140701083052j:plain

 

f:id:rikueri:20140701083056j:plain

f:id:rikueri:20140701083053j:plain

f:id:rikueri:20140701083055j:plain

f:id:rikueri:20140701083057j:plain

f:id:rikueri:20140701083058j:plain

f:id:rikueri:20140701083100j:plain

f:id:rikueri:20140701083054j:plain

 東武鉄道伊勢佐木線 春日部駅徒歩6,7分、昭和風情たっぷりの街そば屋「や婦゛楚者゛」。  ゆずや食堂さんで昭和の匂いを存分に愉しんだ後は春日部駅に戻って、これまた昭和な一軒、「や婦゛楚者゛」さんへと向かいます。路地を入って歩き進めば、そば屋とは気付かずに通り過ごしてしまいそうな昔ながらの一軒家、その佇まいはまるでサザエさんに出て来そうな雰囲気 (^^) 正面の白い暖簾を潜ろうとすればその先はなんと厨房のよう、右の「ラーメン」との赤い暖簾が入口でした(笑)店内はテーブル4卓のみのこじんまりとしたスペース、外観同様に雰囲気抜群です。メニューを拝見すれば丼ものと数種の蕎麦に中華そばと決して多くは無いものの中々魅力的なラインナップ、酒類はビールしか見当たりませんがお聞きすれば日本酒も有るとのこと、ぬる目の「燗酒(400円)」をお願いしてお通しの沢庵をポリポリと齧りながらのんびりと愉しませて頂きます(^^) 時折入ってくる風の心地良さ、縁側で寝転んでいるようなこの幸福感、これまた何とも堪りません。そば屋の中華そばにも惹かれますがここは基本に帰って「もりそば(500円)」をオーダー、キリッと冷やされたもりそばは適度なコシが感じられる美味しいお蕎麦、最後はそば湯でサッパリととても良い〆となりました。途中ふらっと入ってサッと食べて帰る地元のお客さんが数組、近所にこの様なそば屋さんが有るとは羨ましい限り、次回は中華そばを愉しみたいと思います。ご馳走さまでした。