読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくや

 

f:id:rikueri:20140505122544j:plain

f:id:rikueri:20140505122533j:plain

f:id:rikueri:20140505122627j:plain

f:id:rikueri:20140505122656j:plain

f:id:rikueri:20140505122710j:plain

f:id:rikueri:20140505122754j:plain

f:id:rikueri:20140505114554j:plain

f:id:rikueri:20140505114314j:plain

f:id:rikueri:20140505114303j:plain

f:id:rikueri:20140505114327j:plain

f:id:rikueri:20140505114254j:plain

f:id:rikueri:20140505114240j:plain

f:id:rikueri:20140505114345j:plain

f:id:rikueri:20140505114150j:plain

f:id:rikueri:20140505114442j:plain

f:id:rikueri:20140505114207j:plain

f:id:rikueri:20140505114224j:plain

f:id:rikueri:20140505114233j:plain

f:id:rikueri:20140505114413j:plain

f:id:rikueri:20140505114421j:plain

f:id:rikueri:20140505115814j:plain

f:id:rikueri:20140505115922j:plain

f:id:rikueri:20140505120003j:plain

f:id:rikueri:20140505120101j:plain

f:id:rikueri:20140505120824j:plain

f:id:rikueri:20140505115904j:plain

f:id:rikueri:20140505115847j:plain

f:id:rikueri:20140505120342j:plain

f:id:rikueri:20140505120426j:plain

 JR常磐線金町駅徒歩5,6分、昭和風情漂う癒しの街中華と定食のお店「ふくや」。恒例のひとり愉しや休日散歩、呑み続きのこの日はきちんと昼食を頂こうと電車に乗って金町にお邪魔、昭和風情漂う金町の街は私にとっては魅力的な街の一つ、昔ながらの街そば屋かラーメンでもと数軒ピックアップしてのんびりと散歩しながらのお店定めも愉しいものです。駅からものの5,6分の距離に飲食店が軒を連ねるこじんまりした金町は落着いて心地良い雰囲気、この様な街にお住まいの方々が羨ましい限りです。真新しい真っ赤なファサードが印象的な「ふくや」さん、しかしながら全体から受ける雰囲気は昭和の匂いがプ〜んと漂い良い感じ、店頭に掲げられた「本日の日替り もやしそばとハムエッグ(小) 半ライス 620円」との看板にこの日の昼食は決定です!店内へとお邪魔すれば「いらっしゃいませ〜」と元気の良いお声のお母さん、奥の厨房からも息子さんでしょうか?「いらっしゃいませ〜」と気持ちの良いお声が、ん〜 なんか良い雰囲気、第一印象ってとても大切です。奥に厨房を構え、大小合わせてテーブル7卓の程良く落ち着く広さのフロア、先客はご常連さんお一人、何はともあれ「瓶ビール(大瓶550円)」をお願いすれば嬉しいことに麒麟ラガー、プッハ〜と一息ついてテーブルに置かれたメニューと睨めっこの開始です。酒類は日本酒、サワーにホッピーまでラインナップ、瓶ビールは大小置いているのも呑ん兵衛の心を鷲掴み(笑)麺類はラーメン470円から各種取揃え、炒め物にご飯物、街中華らしい単品物となんの問題も御座いません。取り敢えず「冷奴(220円)」をお願いしてのんびりと始めます。手が空くとテレビに興じるお母さん、とてもにこやかな笑顔でワッハッハッ〜と、こちらまで愉しくなってしまいます(^^) 頃合いを見計らって「日替わり(620円)」をオーダー「はい!お待ちどうさまです!」と運ばれて来たその量を見て (あっ〜 やっちまった〜 ) と心の中で呟く私、もやしそばは少な目なのかと思いきや、しっかりと普通に一人前、其れにハム&玉子が1つずつに千切りキャベツの添えられたハムエッグ、お茶碗一杯のご飯に沢庵と、少食の私にとっては完全にお腹爆発コースです(笑)もやしそばは優しいスープのお味に顔がニンマリ、もやしのシャキシャキ加減の炒め具合と言い、細麺の美味しさと言い、大変失礼な言い方ですが、外観の雰囲気に似つかわしく無い美味しさと丁寧な料理にちょっとびっくり、息子さん、かなりの腕前と拝見しました。最後は目玉焼きをオンザライス、スープを頂きながらかき込んで何とか完食!もう何も入りませ〜ん (^^;; またお邪魔して色々と頂いてみたいと思います。ご馳走さまでした。