読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やぶそば

f:id:rikueri:20140509133224j:plain

f:id:rikueri:20140509133239j:plain 

f:id:rikueri:20140509140255j:plain

f:id:rikueri:20140509135846j:plain

f:id:rikueri:20140509135857j:plain

f:id:rikueri:20140509135907j:plain

f:id:rikueri:20140509140012j:plain

f:id:rikueri:20140509140143j:plain

f:id:rikueri:20140509135038j:plain

f:id:rikueri:20140509134452j:plain

f:id:rikueri:20140509134131j:plain

f:id:rikueri:20140509134138j:plain

f:id:rikueri:20140509134302j:plain

f:id:rikueri:20140509135413j:plain

f:id:rikueri:20140509134224j:plain

f:id:rikueri:20140509133931j:plain

f:id:rikueri:20140509133859j:plain

f:id:rikueri:20140509133957j:plain

f:id:rikueri:20140509134010j:plain

f:id:rikueri:20140509134022j:plain

f:id:rikueri:20140509134038j:plain

f:id:rikueri:20140509134124j:plain

f:id:rikueri:20140509135950j:plain

JR外房線蘇我駅徒歩4,5分、昭和風情たっぷりの街そば處「藪そば」。仕事で始めて蘇我にお邪魔、折角の機会ゆえに何処かでお昼でも頂こうと食べログで検索、全く土地勘の無いところではやはりとても強い見方の一つと痛感します。出来れば昭和風情漂う定食、中華、お蕎麦屋と検索を進めて行けば、マイレビュアーちげろぐさんの街そばレビューを発見!その魅力的な佇まいに迷わずお邪魔と相成りました。車行き交う通りにポツンと佇むその姿はまさにTHE・街そば處、おそらく昔は車など殆ど通らない道で商店立ち並ぶ賑やかな通りだったのかもしれません、周りはマンションなどに建て替えられる中、頑張っていらっしゃいます。万が一中休みで暖簾がさげられてしまうと困るので先ずは外観を撮影 (^^;; 入口上の看板を撮影しながらよく良く見ればその看板、なんと木製で有ることに気付き思わず「おっ〜!!」と感嘆の声を上げてしまいました。引戸をカラカラと引いて店内へお邪魔、壁材など手を入れている部分も多々有りますが、天井の飴色に鈍く輝く立派な梁など端々に感じられる昭和の匂いは堪らんの一言!お歳をめしたお母さんが「いらっしゃいませ」と優しい声で迎えてくれました。先客はご常連さんがお一人、フロアはテーブル5卓 と小上がりに1卓、と言っても普通の畳敷きの部屋のようですが(笑)そこには最近見たことの無いとても立派な神棚が祀られています。ビール!といきたいところですが仕事中ゆえに我慢ガマン (^^;;  お約束の「おかめそば(650円)」をオーダー、厨房にはお父さんがいらっしゃるよう、ご夫婦お2人で営まれているようです。「お待ちどうさまです!」と供されたおかめそば、拝見した瞬間に (キター!!) と心の中で叫ぶ私、そこには何とも愛らしいおかめ顏のお姿!カイワレの髪になるとの目、お揚げの鼻に蒲鉾の口、思わず「ぷっ!」と吹き出してしまう子犬のようなお顔が鎮座ましましています。この地でこの様なおかめに出会えるとは嬉しい限り、出汁はご夫婦の優しさが感じられる柔らかい美味しい出汁、麺はどうやら茶そばのよう、とても満足度の高い美味しいおかめそばとなりました。「ご馳走さまでした!」「有難うございました、お口に合いましたかしら」「とても美味しく頂きました!」にこっと微笑んだお母さんのお顔が最高の見送りとなりました。ご馳走さまでした 

やぶそば - 蘇我/そば [食べログ]