読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本そば 角屋

f:id:rikueri:20140515123803j:plain

f:id:rikueri:20140515123752j:plain

f:id:rikueri:20140515123735j:plain

f:id:rikueri:20140515123332j:plain

 

f:id:rikueri:20140515123327j:plain

f:id:rikueri:20140515123418j:plain

f:id:rikueri:20140515122812j:plain

f:id:rikueri:20140515122819j:plain

f:id:rikueri:20140515122845j:plain

f:id:rikueri:20140515122920j:plain

f:id:rikueri:20140515123009j:plain

f:id:rikueri:20140515123026j:plain

f:id:rikueri:20140515123033j:plain

f:id:rikueri:20140515123042j:plain

f:id:rikueri:20140515123048j:plain

f:id:rikueri:20140515123058j:plain

 JR市ヶ谷駅徒歩5,6分、カレー南蛮が名物の街蕎麦屋「角屋」。 市ヶ谷での昼食タイム、どちらで頂こうかとググッと検索、もりかけ500円のお値段と街そば風情漂う雰囲気で「角屋」さんに決定です。近代的なビルの1階ではありますが、飴色の木製の堅牢な引戸に真っ白な暖簾、シンプルな佇まいではありますが、とても良い雰囲気です。ガラガラと戸を引いてお邪魔すれば「いらっしゃいませ!空いているお席にどうぞ〜」と元気の良い声がお出迎え、店内は6人用のテーブルが8卓程とそこそこの広さ、このテーブルがこれまた堅牢な作りで良い感じ、渇いた喉を水で潤しながらメニューと睨めっこの開始です。もりかけ500円からと優しいお値段は嬉しい限り、お店の一押しは「特製カレー南蛮(800円)」のよう、確かにまわりを見渡せば8割方がカレー南蛮 (驚)、後から調べたら「カレー南蛮」の有名店なのですね (^^;;  しかし私はお約束の「おかめそば(700円)」をオーダーです(笑)「お待ちどうさまです」と供されたそれは器の半分近くをワカメが占領、かまぼことお麩に玉子焼きが確認出来ますがその他は確認不可能、これでメークは断念です(-_-)色濃い出汁は甘辛くパンチが効いて個性的、麺はしっかりとした美味しいお蕎麦、具はかまぼこ2枚に筍、椎茸、お麩、玉子焼きといつものように愉しみながら美味しく頂きました。なんでも水曜日のランチタイムはカレー南蛮のみのオーダーに特化とのこと、それだけ人気とは次回は是非カレー南蛮を頂きたいと思います。ご馳走さまでした。