読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木曾路

f:id:rikueri:20140705145648j:plain

f:id:rikueri:20140705150636j:plain

f:id:rikueri:20140705150536j:plain

f:id:rikueri:20140705145603j:plain

f:id:rikueri:20140705145659j:plain

f:id:rikueri:20140705145612j:plain

f:id:rikueri:20140705145555j:plain

f:id:rikueri:20140705145922j:plain

f:id:rikueri:20140705145911j:plain

f:id:rikueri:20140705145916j:plain

f:id:rikueri:20140705150018j:plain

f:id:rikueri:20140705150001j:plain

f:id:rikueri:20140705150117j:plain

 JR武蔵野線新秋津駅前、創業1973年(昭和48年)、 駅前路麺処「木曽路」。紅生姜天そばをこよなく愛する呑んだくれとしては路麺が有ればメニューを確認するのがお約束行事(笑)この日もお腹破裂寸前にも拘わらず新秋津駅前の路麺店「木曽路」が目に留まり、「経験上この様な小綺麗な路麺には紅生姜天など有るわけが無い。」とたかを括って近づいてみれば、な〜んとそこには「紅生姜天そば 350円」との表記、お腹はパンパンですが滅多にお邪魔しない新秋津、しかも350円と嬉しいお値段、もちろん気合を入れての突入と相成りました (^^;; 店内は10名も入れればというこじんまりした広さ、無論厨房も最小限の広さで、茹で置き麺、揚げ物は外部調達という昔ながらの路麺処、改めてメニューを拝見すれば「そば、うどんともに 天ぷら、たぬき、きつね、月見、コロッケ、わかめが各300円、紅生姜、天玉、コロッケ玉が各350円、鴨南蛮、とろろ、めかぶ納豆、秋津スタミナ(天ぷら、玉子、わかめ)、コロッケスペシャル(コロッケ、玉子、わかめ)、きつねスペシャル(きつね、玉子、わかめ)、カレーが各400円」とリーズナブルな価格設定、「かけ」の表記が有りませんでしたが他のレビュアーさんのレビューを拝見すると「かけ」も天ぷら同様300円とはちょっと驚き(笑)厨房のお母さんに「紅生姜天そば(350円)」をお願いしました。すぐに供されたそれは、いつになく真っ赤っかな紅生姜天、んっ、よく良く拝見すればどうも天ぷらの上に紅生姜をトッピングよろしくまぶして揚げた紅生姜天のよう、まぁこれはこれでありですね。その紅生姜天はどん兵衛 緑のきつねのようにサックサク、麺はフカフカでTHE・昭和路麺、出汁も癖なく可もなく不可もなし、やはりこちらの魅力はそのお得なお値段と言えましょう。早い、安いと昭和の駅前路麺の基本を守り続ける「木曽路」さん、また機会が有ったら寄らせて頂きます。ご馳走さまでした。