読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魚三酒場 新小岩店

 

f:id:rikueri:20140725184133j:plain

f:id:rikueri:20140725184312j:plain

f:id:rikueri:20140725183729j:plain

f:id:rikueri:20140725184243j:plain

f:id:rikueri:20140725184100j:plain

f:id:rikueri:20140725175916j:plain

f:id:rikueri:20140725175937j:plain

f:id:rikueri:20140725175945j:plain

f:id:rikueri:20140725180012j:plain

f:id:rikueri:20140725180153j:plain

f:id:rikueri:20140725180047j:plain

f:id:rikueri:20140725180250j:plain

f:id:rikueri:20140725181938j:plain

f:id:rikueri:20140725181952j:plain

f:id:rikueri:20140725182438j:plain

f:id:rikueri:20140725182453j:plain

 JR総武線新小岩駅徒歩3,4分、旨くて安くて言うこと無しの昭和酒場「魚三新小岩店」。ほんの一口で良いから呑んで帰りたくなる蒸し暑い夏の夕暮れ (^^;; この日も軽く、軽〜くで良いから呑んで帰りたいと思ってあれこれ思案、前々から伺ってみたいと思っていた酒場の一つ、「魚三」の新小岩店へお邪魔することに相成りました。駅から歩くこと3分程、車行き交う道路沿いに佇む魚三新小岩店、ビルの1階ではありますが「大衆 魚三酒場」と白で抜かれた藍色の暖簾、年季の入ったブルーのファサード、ガラス戸を通して漏れてくる店内の灯り等々、これぞ昭和の大衆酒場といった雰囲気が良い感じ、アルミ製の引戸をカラカラと引いてお邪魔すれば「いらっしゃいませ!」とお母さん、店内はU字のカウンター席が並列に2つ並び、その奥には寿司用?のカウンター席がある様、人差し指を立てて「ひとり!」と無言で合図すれば「どうぞこちらに」と案内してくれました。この手の酒場は勝手に座ると諭される時がまま有るので気をつけ無いと(笑)短冊メニューがズラッと掛かるその雰囲気も外観同様THE ・大衆酒場、何はともあれ「瓶ビール(大瓶520円)」をお願いしてひとりかんぱ〜い!その一杯の美味しさと言ったら「堪らん!」の一言!この一杯が呑みたいが為に立寄ったようなものですからね(^^) 欲を言わせて頂ければスーパードライでは無くラガーで有れば最高なのですが・・アテは数ある中から「しめさば(390円)、あら煮(150円)」をオーダー、しめさばはたっぷりと7切れ、良い塩梅の〆具合で美味しい一品、これが390円ですから有難い限り、あら煮は門前仲町のように50円とはいきませんが中々良い味付けでお酒が進むくん、お陰さまで「お酒(190円)、いか塩から(150円)」を追加 (^^;; お母さんが大きな徳利からコップに並々と注いでくれました。塩からがこれまた良い感じで日本酒にジャストミート!いやぁ〜とても良い気分、〆てお会計は1400円、大満足のちょい呑みとなりました。ご馳走さまでした。

 

魚三酒場 新小岩店 (うおさんさかば) - 新小岩/居酒屋 [食べログ]