読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菊屋 

JR山手線有楽町駅徒歩4,5分、昭和の居酒屋「菊屋」さん。「銀座にサクッと呑める酒場が有るんでどうですか?」と呑み仲間の後輩からの有難いお誘い、ぶんぶん尻尾を振って付いて行けば、案内されたのはオサレなショップが取り囲む銀座2丁目のとあるレンガ張りのビルヂィング。「こんな所に酒場が有ったっけ?」「ええ、この地下なんですよ」と素っ気ない階段をトントンと。階段途中に怪しい手書きの看板は置いて有れど、暖簾も無く店内も見えないドアのみと、銀座という土地柄も相まって一見ではちょっと入り難くハードルの高さを感じます。店内へとお邪魔すれば厨房を囲むカウンター数席と大き目のテーブル5,6卓の結構な広さ、その雰囲気は銀座というイメージからは程遠く完全に昭和居酒屋という風情、営まれているのは寡黙なご主人おひとりのみ、静かでまったりとした空気が流れています。ご常連さんと思しき先客がカウンターに2名、私達は奥のテーブルに着かせて頂きました。先ずはビールと「瓶ビール(大瓶600円)」をお願いすれば嬉しいことにキリンラガー、お値段もこの地にしてはお得感を感じる大瓶600円と有難い限り、何はともあれ久し振りのサシ呑みにかんぱーい!「今、お通しを持って来ますから、食べ物はその後で頼んで下さい」とご主人、暫くして供されたのは「お浸し、マカサラ、煮物」と豪華3品のお通しセット、てか私はこれだけで十分なんですが。。(笑)瓶ビールに「おでん(一人前450円〜)」を追加、お通しもおでんも申し分ない美味しさ、最後は大好きな「ハイサワー(350円)」で〆させて頂きました。これでお値段3000円ちょっとは涙ものの有難さ、後輩に良い酒場を教えてもらいました。ご馳走さまでした。

 

tabelog.com