読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムサコ・ニシコハイサワー特区 パート3 牛太郎

f:id:rikueri:20161116080947j:image

f:id:rikueri:20161116081001j:image

f:id:rikueri:20161116081014j:image

f:id:rikueri:20161116081031j:image

f:id:rikueri:20161116081043j:image

f:id:rikueri:20161116081058j:image

f:id:rikueri:20161116081122j:image

f:id:rikueri:20161116081140j:image

f:id:rikueri:20161116081240j:image

f:id:rikueri:20161116081206j:image

f:id:rikueri:20161116081226j:image

f:id:rikueri:20161116081316j:image

f:id:rikueri:20161116081257j:image

 わるならハイサワーでお馴染みの博水社さんの「ムサコ・ニシコハイサワー特区」とりハイイベント、ハイサワー美尻マニアはもちろんこの日も武蔵小山へ(^^) 向かうは武蔵小山の昭和酒場と言えば真っ先に名前の上がる働く人の酒場「牛太郎」。時刻は18時半、お店の前に到着すれば暖簾が出て無く閉店状態。。「あちゃー 休み?終わり?」とがっかり意気消沈。。も、窓から漏れる明かりの灯る店内をそっと覗いて見てみれば、呑ん兵衛数名が愉しそうに酒盛りの真っ最中、何とかなるかと意を決して引戸をガラガラと引いて店内へとお邪魔しました。入った瞬間に感じるのは昭和酒場にままある凛とした空気感と言うよりは人肌温い柔らかく温かな空気感、何だかホッと落ち着きます。変型コの字型の飴色のカウンターや長椅子、年季の入った壁、天井等々、決して人工的には作り出せない年月を経たその店内は素晴らしいの一言!「兄ちゃん、今日は水道が詰まっちゃったらしくもう終わりだとよ。まぁ少しは呑めるだろうから取り敢えず座っときな。」と優しく声を掛けてくれる常連さん、暫く座って待っていればご主人が飲み物を聞きに来てくれました。オーダーはとりハイよろしくハイッピー、もちろんハイッピーステッカーもゲットです(^^) アテにスパサラをお願いしてまったりひとり呑みの始まり〜 店内の昭和な空気感、ご常連さん達の愉しそうな話し声、それらも良いアテとなってまるで温泉に浸かっているような気持ち良さ、だから昭和酒場のひとり呑みはやめられません(^^) 武蔵小山の街には良い酒場が多くて羨ましい限り、これからはちょこちょこお邪魔させて頂きます。ご馳走さまでした。

www.hakusui-sha.co.jp

tabelog.com