読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福ちゃん 

浅草

 東京メトロ銀座線浅草駅改札口直ぐ、昭和風情たっぷりの浅草地下商店街の人気店の一つ「福ちゃん」。この日は浅草呑みの0次会にと久し振りに福ちゃんにお邪魔、「瓶ビール(450円)」は嬉しいことに大好きなサッポロ赤星と最高のスタート!アテは名物の「鉄板焼きそば(350円)」に「目玉焼き(100円)」をトッピング、銀皿に盛られた焼きそばに絶妙の焼き加減の目玉焼きと真っ赤な紅生姜が何とも良い感じ、麺はもっちりとした太麺でビールのアテにズバリ賞!途中黄身を崩して味の変化を愉しみます(^^)決して長居をする店ではありませんが、サクッと呑んで食べるには良いお店、ご馳走さまでした。

tabelog.com

ムサコ・ニシコハイサワー特区 パート4 再び長平

武蔵小山

f:id:rikueri:20161116155156j:image

f:id:rikueri:20161116155222j:image

 わるならハイサワーでお馴染みの博水社さんの「ムサコ・ニシコハイサワー特区」とりハイイベント、牛太郎さんでひとり呑みを堪能した後は仲間と合流して先日愉しませて頂いた「長平」さんを再訪!人気店ゆえ、僅か9席のカウンター席に入るのは運が左右されることと思いますが、普段の行いが良いのでしょう(笑)この日もスムーズに椅子に着くことが出来ました。以前お会いしたAさんが私の顔を見るなり店内から満面の笑みで手を振って頂き、感謝!感謝!なんだかとても嬉しいなぁ〜(^^) 金宮のボトルをお願いしてとりハイ宜しくハイッピーをオーダー、またまたハイッピーステッカーゲットです(^^)なにはともあれ、ムサコ呑みにかんぱーい!アテは鮭カマとバケットをオーダー、脂ののった鮭カマは旨味たっぷりでタンパク質補給、カリッと焼かれたバケットもハイッピーと相性抜群で思わず顔がニンマリです。と、「ハムカツね!」とお隣さん、「あっ、そ、それ僕もお願いします!」供されたハムカツは四角く薄いハムを揚げて斜めに切った私の大好きな三角形の薄ハムカツ!しかも4枚、ソースは中濃とあればお習字よろしく「ハ・ム・カ・ツ」と慎重に(笑)この日も呑んで食べて笑って大満足、こじんまりとした店内にも拘らず不思議と落着く長平さん、旨くて温かくて良い酒場!また伺わせて頂きます。ご馳走さまでした。

www.hakusui-sha.co.jp

「長平」

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13170976/

 

 

 

 

ムサコ・ニシコハイサワー特区 パート3 牛太郎

武蔵小山

f:id:rikueri:20161116080947j:image

f:id:rikueri:20161116081001j:image

f:id:rikueri:20161116081014j:image

f:id:rikueri:20161116081031j:image

f:id:rikueri:20161116081043j:image

f:id:rikueri:20161116081058j:image

f:id:rikueri:20161116081122j:image

f:id:rikueri:20161116081140j:image

f:id:rikueri:20161116081240j:image

f:id:rikueri:20161116081206j:image

f:id:rikueri:20161116081226j:image

f:id:rikueri:20161116081316j:image

f:id:rikueri:20161116081257j:image

 わるならハイサワーでお馴染みの博水社さんの「ムサコ・ニシコハイサワー特区」とりハイイベント、ハイサワー美尻マニアはもちろんこの日も武蔵小山へ(^^) 向かうは武蔵小山の昭和酒場と言えば真っ先に名前の上がる働く人の酒場「牛太郎」。時刻は18時半、お店の前に到着すれば暖簾が出て無く閉店状態。。「あちゃー 休み?終わり?」とがっかり意気消沈。。も、窓から漏れる明かりの灯る店内をそっと覗いて見てみれば、呑ん兵衛数名が愉しそうに酒盛りの真っ最中、何とかなるかと意を決して引戸をガラガラと引いて店内へとお邪魔しました。入った瞬間に感じるのは昭和酒場にままある凛とした空気感と言うよりは人肌温い柔らかく温かな空気感、何だかホッと落ち着きます。変型コの字型の飴色のカウンターや長椅子、年季の入った壁、天井等々、決して人工的には作り出せない年月を経たその店内は素晴らしいの一言!「兄ちゃん、今日は水道が詰まっちゃったらしくもう終わりだとよ。まぁ少しは呑めるだろうから取り敢えず座っときな。」と優しく声を掛けてくれる常連さん、暫く座って待っていればご主人が飲み物を聞きに来てくれました。オーダーはとりハイよろしくハイッピー、もちろんハイッピーステッカーもゲットです(^^) アテにスパサラをお願いしてまったりひとり呑みの始まり〜 店内の昭和な空気感、ご常連さん達の愉しそうな話し声、それらも良いアテとなってまるで温泉に浸かっているような気持ち良さ、だから昭和酒場のひとり呑みはやめられません(^^) 武蔵小山の街には良い酒場が多くて羨ましい限り、これからはちょこちょこお邪魔させて頂きます。ご馳走さまでした。

www.hakusui-sha.co.jp

tabelog.com

 

 

 

 

 

 

 

ムサコ・ニシコハイサワー特区 パート2 長平

武蔵小山

f:id:rikueri:20161115081708j:image

f:id:rikueri:20161115081758j:image

f:id:rikueri:20161115081812j:image

f:id:rikueri:20161115081828j:image

f:id:rikueri:20161115081842j:image

f:id:rikueri:20161115081913j:image

f:id:rikueri:20161115082034j:image

f:id:rikueri:20161115082111j:image

f:id:rikueri:20161115082127j:image

f:id:rikueri:20161115082141j:image

f:id:rikueri:20161115082230j:image

f:id:rikueri:20161115082241j:image

f:id:rikueri:20161115082309j:image

f:id:rikueri:20161115082325j:image

f:id:rikueri:20161115082411j:image

f:id:rikueri:20161115082433j:image

f:id:rikueri:20161115082528j:image

わるならハイサワーでお馴染みの博水社さんの「ムサコ・ニシコハイサワー特区」とりハイイベント、ハイサワー応援隊の呑ん兵衛4名、晩杯屋さんを堪能した後に向かったのは武蔵小山の駅からものの1分程、ほぼ無休で15時開店と言うこれまた有難い呑ん兵衛酒場「丸佐長平」さん。そのこじんまりとした佇まいは渋いの一言!此方はぎりぎり第一次の再開発からは逃れていますが、想像するにこの辺りも再開発の波にのみ込まれるのでしょう。。店先の美尻ポスターとハイサワー特区のステッカーに心うきうきわくわく(^^)一階はカウンター9席のとてもこじんまりとした店内ですが幸運にも席に着くことが出来ました。拝見したところ此方はハイサワーフルラインナップの素晴らしい品揃え(^^)金宮のボトルをお願いして、各々好きな割材をオーダー、私は大好きなハイサワーレモン!何はともあれハイサワー特区2店舗目を記念してかんぱ〜い!もちろんハイッピーステッカーゲットです(^^)アテはメンバーにお任せしてハイサワーをぐびぐびやればいつの間にやら夢心地(^^)唐揚げや刺身等々頂きましたがどれもが味付け、鮮度が良くていい感じ、そして特筆すべきは狭い店内にも拘らず居心地の良さが抜群なこと、この様な酒場で日々呑める武蔵小山の呑ん兵衛の方々が羨ましくて堪りません。長平さん、是非またお邪魔したいと思います。ご馳走さまでした。

www.hakusui-sha.co.jp

 「長平」

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13170976/

 

 

 

 

ムサコ・ニシコ ハイサワー特区 パート1 晩杯屋武蔵小山店

武蔵小山

愛してやまないハイサワー、ハイッピーでお馴染みの博水社さんが、地元の目黒近辺で古き良き「昭和レトロな」酒場風情を盛り上げる取り組みとして「ムサコ・ニシコ ハイサワー特区」を立ち上げると発表、(詳しくは下記記事をご覧下さい) その第1弾のキャンペーンとして2016年11月8日から12月8日まで、加盟の23店舗全店で、「とりあえずビール」ではなく 「とりあえずハイサワー」か「とりあえずハイサワーハイッピー」を頼んだ呑ん兵衛にハイサワーやオリジナル美尻ステッカーをプレゼントする「とりハイ」キャンペーンを行うとの事、美尻マニアとしてはこの様なヨダレだらだらのキャンペーンに参加しない訳には参りません(笑)この日はハイサワーマニア4名が武蔵小山に集結!向かうは昼呑み天国の「晩杯屋武蔵小山店」。武蔵小山駅前は現在再開発の真っ最中、昭和好きとしては入り組んだ路地裏など、その風情が無くなってしまうのは残念でなりません。晩杯屋もその影響で現在は仮店舗で営業中、その入口で「ムサコ・ニシコ、ハイサワー特区」との幟を目にすれば思わず顔がニンマリです(^^)暖簾をくぐって店内へとお邪魔すれば仮店舗と言えど結構な広さ、時刻は12時半ですが既に10名程の呑ん兵衛がワイワイガヤガヤとお楽しみの真っ最中、何はともあれ「ハイッピーを!!」と「とりハイ」すればハイッピーと一緒にハイッピーステッカーを渡してくれました。そのステッカーを見た瞬間、心の中では「ウオォぉぉぉぉぉぉ!」と雄叫びをあげた私ですが、そこは冷静を装って記念撮影(笑)仲間の到着までひとりハイッピーを愉しみます。アテは「納豆オムレツ(150円)、さんま塩焼き(250円)」をオーダー、どちらも作りたて焼きたてで申し分無い美味しさ、この値段でこのクオリティ、晩杯屋の人気の程が分かります。程なくしてハイサワー応援隊4名が集結し大好きなハイッピーでかんぱ〜い!ハムカツ、レバカツ、ツブ貝等々食べて呑んで笑っての愉しい酒宴となりました。ご馳走さまでした。

 

www.hakusui-sha.co.jp

 

tabelog.com