玉川屋酒店


浜松町駅、金杉橋口徒歩1分、角打ちの「玉川屋酒店」さん。"ハートランド"が置いてある角打ちとお聞きしてお邪魔しました。バブル世代の私にはハートランドは思い出深いビールで有り、赤星と共に大好きなビールのひとつです。ハートランドの誕生は1986年、今の六本木ヒルズが出来る前に有った「ビアホールハートランド」のハウスビールとしての事でした。大正時代の西洋建築とウイスキーの原酒貯蔵庫であった建物をそのまま生かして、内装を雰囲気の有る作りに改装し、当時としてはかなりの人気を博したと記憶しています。しかしながらわずか4年間程で閉鎖となってしまったのです。そこで知ったハートランドが置いてある角打ちという事で楽しみに伺いましたが、諸事情により品切れとの事。キリンのラガーを頂くことにしました。レジで精算を済ませると、嬉しいことにハートランドのビアジョッキを渡してくれました。これだけでビールの美味しさが倍増です!玉川屋さんも昭和の薫り漂う良い雰囲気の角打ちです。入ってすぐ左側に大きな冷蔵庫、その両脇にはお約束の缶詰、魚肉ソーセージ、柿ピー等が置いてあり正面のレジで精算後、好きな場所で頂くシステムです。角打ちにしては珍しく座って呑むスペースが作ってあり、結構な時間を過ごす方々も多いようです。また、レジで直接生ビールがオーダー出来るのも嬉しいシステムですね。角打ちは多くが歴史のある酒屋さんゆえ、ご年配の店主の方が営まれているケースが多いと見受けますが、玉川屋さんは女将さんと跡取りでしょうか、若い息子さんが店頭に立たれていました。まったりとした良い雰囲気の中ビールを頂き「ご馳走さまでした」と瓶をレジ下のケースに入れ、ジョッキを返して帰ろうとすると息子さんが外まで出て来て「どうもありがとうございます。また宜しければお越し下さい」と心のこもった丁寧な挨拶をしてくれました。これで頂いたビールは何倍もの美味しさになりました。こちらこそ 美味しいビールをありがとうございました。

玉川屋酒店

食べログ玉川屋酒店