松ちゃん











平井駅徒歩5分程、居酒屋の「松ちゃん」。帰宅途中に何処かで軽く一杯頂いて帰ろうと検索、アテが美味しくて安い居酒屋との情報を得てのお邪魔となりました。平井は帰宅途中の駅ですが下車するのは実は初めて、お隣の亀戸や新小岩と比べると規模の小さい街ですが、ちょっとした商店街も有りとても暮らしやすそうな街ですね。駅から歩くこと5分程「もつ焼き・居酒屋  松ちゃん」との看板が見えて来ました。綺麗なビルの1階、その外観から如何にも地元の居酒屋と言う温かい雰囲気が感じられ、私のような一見さんでも臆すること無く気軽に入ることが出来ます。引戸を引いて店内へ、店内は想像以上の広さ、入って正面右手に8名程のカウンター席と左手には40〜50名は入れそうな広い座敷、拝見したところテーブル席は無いようです。地元のグループ客中心で一人呑みが少ないのでしょうか、椅子席はカウンターの8席のみとかなり珍しい作りとなっています。「いらっしゃいませ!」と大きな元気の良い声、ちょっとした事ですがとても気持ちの良いものですね。運良くカウンターが空いたところに滑り込むことが出来ました。それにしても賑やかで明るい雰囲気の店内、この雰囲気だけで間違い無く良い居酒屋だなと感じます。「酎ハイをお願いします。」焼酎と琥珀色の下町ハイボールエキス、氷が入れられた中ジョッキに炭酸1本、それと突出しにポテサラが添えられて出されました。この酎ハイが230円とは良心価格、炭酸は興水舎さんの強力なアズマ炭酸というのも下町然として良い感じです。突出しのポテサラがほんのりカレー風味でとても良い塩梅、酎ハイを頂きながらメニューと睨めっこです。アテのほとんどが200円〜450円、刺身も350円が中心と、物にもよりますが一般の居酒屋の6〜7掛けのお値段、お得感抜群です。かんぱち刺し(350円)と小松菜のお浸し(250円)をお願いしました。かんぱちは小ぶりながら厚めに切られた身が5切れ、小松菜にはたっぷりの削り節、どちらもボリューム、味ともに申し分ないレベル、価格を考えれば本当に素晴らしいですね。メニューにレバ刺しを発見!しかもお値段何と250円、どんなものなのかと思いながらシロタレ(2本で200円)と一緒にお願いしました。「お待ちどうさまです。」と目の前に出されたレバ刺しを見てビックリ、これで250円とは素晴らしいの一言です。シロも水準以上の美味しさ、恐らく何を頂いてもほとんどハズレが無いように思われます。それにしても次から次へとお客さんが入って来ますね。私の横のお若いカップル「ここも今日が最後だね。何か寂しいね…」と、どこか遠くへ引っ越すのでしょう、そんな会話が聞けるお店はそうは有りません。地元の方々にとても愛されていることが良く分かります。他にも魅力的なアテが盛りだくさん、次回は呑み友達でも連れてお邪魔したいと思います。ご馳走さまでした。

松ちゃん

食べログ松ちゃん