小桜





浅草駅徒歩15分程、観音裏に静かに佇む、東京三大かりんとうのひとつ「小桜」さん。東京三大かりんとうをご存知でしょうか。銀座の「たちばな」、湯島の「花月」、そして浅草の「小桜」さんが御三家と言われています。太陽ギラギラの炎天下、汗ダクになりながらの浅草ブラリ散策中、偶然通り掛かったのが「小桜」さんでした。一部の百貨店さんでも取扱ってはいますが、前々から是非本店にと思っていた次第、念願叶いお邪魔する事が出来ました。元々は浅草の老舗料亭「福し満」さんが日持ちのする手土産をと約50年程前に作ったのが始まりだそう、それを平成元年に息子さんが料亭の隣にかりんとう専門店の「小桜」さんを出店、現在に至るそうです。濃紺の地に薄いピンクの桜の花びらが散るとても洗練された包装紙にピンクの掛け紐、その上品な佇まいは老舗料亭と言う背景で頷けます。私が頂いたのは「ゆめじ」と「ふるさと」の詰合せ、小桜を代表する人気商品の「ゆめじ」は甘さ控え目でほんのり胡麻風味、青海苔とパプリカで色を付けたかりんとうも混ざって目にも鮮やかな細めのかりんとう、食べ易さも嬉しいですね。かたや昔ながらの太い「ふるさと」は沖縄の黒糖を使用した風味豊かな食べ応えの有る逸品、対照的な組合せでとても愉しむことが出来ました。お店の入口にはほおずきを飾る等のちょっと心遣いを感じられるのも本店ならではです。偶然の出会いに感謝、感謝です。ご馳走さまでした。

かりんとう 小桜 浅草本店

食べログかりんとう 小桜 浅草本店